ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

EDXをもっとシンプルに!
簡単操作で正確、高精度な定性・定量分析を実現します。

*
:TM3030Plusとの組み合わせ例
*
:検出器内蔵型
(製造元:英国オックスフォード・インストゥルメンツ)

価格:お問い合わせください

取扱会社:株式会社 日立ハイテクノロジーズ

特長

  • 直感的に操作できるソフトウエア
    マッピング、ポイント分析、ライン分析を迅速に
  • マッピングデータから、気になる部分のスペクトルを表示
  • 適合スペクトルで元素の重なりを簡単確認
  • 検出器は30 mm2(AZtecOne)/10 mm2(AZtecOneGO)より選択可能
  • TruMapにより信頼性の高い元素マップを実現(AZtecOne)

直感的で簡単操作 ~視覚的で分かりやすいソフトウエア~


高画質マップ表示


定量結果はグラフ、または数値で表示

AZtecOneでは一つ上の高機能マップを搭載

TruMapにより信頼性の高い元素マップを実現します。

TruMapでは、ピークがオーバーラップする元素同士を分離してマップ表示します。

通常のマップ像では重なってしまうMg-KとAs-LもTruMapではピークの重なりの影響なくマップ像が得られます。

  • *本機能はAZtecOneGOには搭載していません。

 

仕様

項目内容
型式 AZtecOne AZtecOneGO
検出素子タイプ シリコンドリフト検出器
検出素子面積 30 mm2 10 mm2
エネルギー分解能 158 eV(Cu-Kα)
(MnKα 137 eV相当)
151 eV(Cu-Kα)
(MnKα 129 eV相当)
検出可能元素 B5~U92
定性分析 オート / マニュアル
定量分析 スタンダードレス法(XPP定量補正)、100%ノーマライズ
TruMAP/Lineリアルタイム
ピーク分離マッピング

技術機関誌 SI NEWS

弊社製品を使用した社内外の研究論文、技術情報、アプリケーションおよび新製品情報を公開しています。

アプリケーションデータ

SEMの測定例を紹介します。

ナノアート

電子顕微鏡により忠実に再現した、金属、鉱物、生物などの造形の美をコンピュータのグラフィック技術により、さらに美しく仕上げた写真集です。

日立電子顕微鏡の歩み

年表で見る日立の電子顕微鏡の歩みを紹介します。

田中SEM研究所通信

電子顕微鏡の観察に関するポイントなど田中先生の「秘伝」を伝授いただきました。

ミクロアイ

日立のSEM、TEMで撮影した私たちの身の回りにいる生物、化粧品、繊維などの極微の世界をミクロ先生が紹介します。

関連製品カテゴリ