ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

全世界で3,000台以上の出荷実績を持つ卓上顕微鏡のベストセラーに待望の新型機登場!

拡がる低真空観察の世界
TM3030Plusは、低真空雰囲気で二次電子像観察が行えます。

価格:お問い合わせください

取扱会社:株式会社 日立ハイテクノロジーズ

特長

Plus1:高感度低真空二次電子検出器を搭載


試料:印字した紙(導電処理なし)
二次電子、表面(5 kV)、帯電軽減モード、
倍率:1,000倍

TM3030Plusは、上位機種で採用している高感度低真空二次電子検出器を搭載しました。
試料前処理を行うことなく低真空雰囲気下で二次電子像を観察できます。

Plus2:試料の微細形状と組成情報を合成して表示可能

TM3030Plusでは、同一視野の二次電子像と反射電子像を合成して表示できるため、試料表面の微細形状と組成情報を同時に観察できます。

反射電子像

二次電子像

合成像

試料:セラミックス(導電処理なし)
表面(5 kV)、標準モード、
倍率:1,000倍

Plus3:大口径(30mm2)SSDを搭載したEDX*1のよる迅速分析

EDX(エネルギー分散型X線分析装置)には、30 mm2の大口径SDD(シリコンドリフト検出器)を搭載し、効率よく迅速に定性分析、元素マッピングが行えます。
金属コーティングなどの前処理を省き、貴重な試料もダメージを抑えながら、観察から分析までシームレスに行えます。

二次電子像

反射電子像

マッピング像

試料:バリスタ破面(導電処理なし)
通常(15 kV)、標準モード、
倍率:3,000倍

*1:
オプション
  • * Miniscopeは株式会社日立ハイテクノロジーズの日本国内における登録商標です。

仕様

項目内容
倍率 ×15~×60,000(デジタルズーム使用時:~×240,000)
加速電圧 5 kV/15 kV
観察条件設定 表面/通常/高輝度
信号選択 反射電子/二次電子/合成
観察モード 反射電子:導電体/標準/帯電軽減
二次電子:標準/帯電軽減
合成:標準/帯電軽減
画像モード(反射電子) 標準、影付1、影付2、凹凸
試料可動範囲 X:35.0 mm、Y:35.0 mm
最大試料寸法 70 mm径
最大試料厚さ 50 mm
電子銃 プリセンタードカートリッジフィラメント
自動画像調整機能 オートスタート、オートフォーカス、オート輝度
排気系(真空ポンプ) ターボ分子ポンプ:30 L/s 1台
ダイアフラムポンプ:1 m3/h 1台
大きさ・質量 330(W)×606(D)×565(H) mm, 65.0 kg(マニュアルステージ)
330(W)×633(D)×565(H) mm, 68.0 kg(モータードライブステージ)
ダイアフラムポンプ:145(W)×256(D)×217(H) mm, 4.5 kg

観察例

試料:蝶の羽(導電処理あり)
二次電子、通常(15 kV)、標準モード、
倍率:20,000倍

試料:胃薬(導電処理なし)
合成、表面(5 kV)、標準モード、
倍率: 1,000倍

オプション

TM3030/TM3000専用エネルギー分散型X線分析装置

(製造元:ドイツBruker nano GmbH)

(製造元:英国オックスフォード・インストゥルメンツ)

TM3030/TM3000専用3次元画像表示・計測機能

 

動画

特長

事例

「世界ふしぎ発見!」
ミステリー大挑戦!世界三大ミュージアム発 最新ナゾ解きの旅スペシャル

2016年1月に放映されたTBSのテレビ番組「日立 世界ふしぎ発見!」の2時間スペシャルの撮影協力を行いました。
撮影の様子をまとめたメイキング映像をご紹介します。

はまぎん こども宇宙科学館
宇宙・科学による夢づくり事業「小さなものを大きく見よう けんびきょう展」

卓上顕微鏡Miniscope® TM3030が新規導入されたことを記念した企画展が開催されました。
よく知っているはずのものが、電子顕微鏡で観察すると、まったく違うものに見えるミクロの世界は、子供から大人まで、来場者に新鮮な驚きと興奮を与えてくれました。
科学へのワクワク感あふれる会場の様子を動画でご紹介します。

 

 

技術機関誌 SI NEWSの関連記事のご案内

Scientific Instrument NEWS SI NEWSとは

1958年の創刊以来、SI NEWS(エスアイニュース)は、弊社製品を使用した社内外の研究論文、アプリケーションおよび新製品情報を公開しています。
卓上顕微鏡 Miniscope® TM3030Plusの記事のご案内です。

 

技術機関誌 SI NEWS

弊社製品を使用した社内外の研究論文、技術情報、アプリケーションおよび新製品情報を公開しています。

アプリケーションデータ

SEMの測定例を紹介します。

ナノアート

電子顕微鏡により忠実に再現した、金属、鉱物、生物などの造形の美をコンピュータのグラフィック技術により、さらに美しく仕上げた写真集です。

日立電子顕微鏡の歩み

年表で見る日立の電子顕微鏡の歩みを紹介します。

田中SEM研究所通信

電子顕微鏡の観察に関するポイントなど田中先生の「秘伝」を伝授いただきました。

ミクロアイ

日立のSEM、TEMで撮影した私たちの身の回りにいる生物、化粧品、繊維などの極微の世界をミクロ先生が紹介します。

関連製品カテゴリ