ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

  1. LED素子個々にジャンクション温度制御が可能
  2. LED素子個々に電気特性・光量の経時変化測定が可能
  3. 長時間の通電・耐久テストを行い素子の寿命診断が可能
  4. 温度係数測定機能(恒温槽との取り合い可能)
  5. 1ブロック(8ch)毎の装置構成となり、将来ブロック単位で増設が可能(最大128ch)

取扱会社:株式会社 日立ハイテクノロジーズ

主な装置仕様

通電時パラメータ
発光用順方向電流(IF) 10~2000mA
ジャンクション温度(T) 50~150°C
通電連続時間 0.1~999.9hr
フランジ温度 50~150°C
特性検査パラメータ
微小順方向電圧計測用電流(If) 10~500µA
微小逆方向電圧計測電流(Ir) -10~-200µA
発光用順方向電流(IF) 10~2000mA
光量検出(VL)/判定 0.1~5.000V
順方向電圧(VF, Vf)検出/判定 0.1~7.000V
逆方向電圧(Vr)検出/判定 -1.0~-30.0V
その他の機能
ブロック 1ブロック(8ch対応)
Max16ブロック(128ch)まで拡張可

関連製品