ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

  1. IGBT/IPM (Intelligent power transistor) /DIODEに規定の電力を消費させ、決められた時間で断続通電を行うことにより、試料の信頼性評価を行う装置です。
  2. 同時に熱抵抗測定も可能。そのデータをHOST PCに取りこみます。
  3. IPM、DIODEの試験も兼ね備えております。

取扱会社:株式会社 日立ハイテクノロジーズ

主な装置仕様

通電モード 連続・間欠 (熱抵抗測定可能)
通電電源定電流 ~800A max
開放電圧 16V
Vce設定 ~10.0V (IGBTの場合、VGEは自動コントロ-ル)
時間設定通電時間 0.5~600.0sec.
停止時間 1~3600sec.
回数設定サイクル数 (運転モード共通) 999999回
間欠動作回数 (カウンタ-機能付き) 9999999回
動作モード
  1. 定電力 (IGBTのみ)
  2. VCE(ON) (IGBT IPM)
  3. VF (Diのみ)
温度調整 強制空冷式ヒートシンク

関連製品