ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

自動分析装置 LABOSPECT 008 α

【本ページは医療従事者向けです】

検査業務のさらなる効率向上を実現!

検体検査数は人口の高齢化などに伴い増加傾向にあり、限られた時間の中でより多くの検体を処理する必要性が高まっています。
従来の検体量の微量化や検査の迅速化に加え、検査作業の効率化によるオペレーターの業務負担軽減のために、LABOSPECT 008 αは、高い実行処理能力と検査効率の向上を提供します。

価格:お問い合わせください

取扱会社:株式会社 日立ハイテクノロジーズ

特長

迅速な結果報告のために

最大2,000テスト/時の高処理能力を備え、モジュールアッセンブリ方式で最大8,000テスト/時を実現します。
さらに、独立制御によりモジュール単位でのフレキシブルな運用が可能です。
モジュールマスク機能を拡張したことで分析を止めることなく、サンプルプローブの詰まり除去作業ができます。
また、非接触攪拌により、攪拌棒によるコンタミネーションを回避し、処理能力の低下を軽減します。

ユーザーフレンドリーな画面デザイン

使いやすさと操作性に配慮した、操作画面デザインに一新しました。
応答性はもちろん、お客様のご要望を可能な限り反映しています。

操作画面

進化した分注機構と光度計

最小サンプル量1.2 µL、最小反応液量80 µLを実現しました。
患者様の負担軽減だけでなく、ランニングコストの低減にもつながります。

LABOSPECT専用試薬

第1試薬と第2試薬を組み合わせたコンビネーションボトルにより、スムーズに試薬交換ができます。

注)写真は、LABOSPECTシリーズ用のボトルの一例であり。各試薬メーカー(提携試薬メーカー)から販売される製品とは異なります。

コンビネーションボトル/セパレートボトル

仕様

1モジュール構成

項目内容
処理能力 比色項目 最大2,000テスト/時、電解質 900テスト/時(1ユニット)
最大同時分析項目数 73項目
反応時間 3~10分(1分ごと、項目ごとに設定可)
測定波長 12波長
反応温度 37±0.1° C
寸法 約2,890(幅)×約1,200(奥行)×約1,350(高さ) mm
重量 約 980 kg

販売名:LABOSPECT 008 α 日立自動分析装置
製造販売届出番号:08B2X10005000041
一般的名称:ディスクリート方式臨床化学自動分析装置
一般医療機器(特定保守管理医療機器該当、設置管理医療機器該当)

*:
「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」で定められた特定保守管理医療機器は、医療機器販売業・貸与業の許可業者からご購入ください。