ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

高感度かつウェアラブル性を向上した計測を実現

  • 高感度なアバランシェフォトダイオード(APD)を採用し、前額部に加え、側頭部など毛髪部位の計測が可能。
  • 小型カプセルにセンサーとプロセッサを収納しユニット化。
    個々のカプセルユニットが信号処理を行うことで光ファイバレス化を実現し、ウェアラブル性が一段と向上。

お問い合わせ下さい

取扱会社:株式会社 日立ハイテクノロジーズ

特長

毛髪部位計測が可能

APDを採用し受光感度が大きく向上。前額部に加え、側頭部などの毛髪部位計測が可能。

ウェアラブル性が向上


小型カプセルユニット

小型カプセルユニットを採用したことにより、ファイバレス構造を実現。
センサー数を従来機の16個から35個に増やし計測範囲を広げた一方、約25%の軽量化し、被験者の負担を軽減。

生体ノイズを低減し、実験デザインの自由度が向上

皮膚血流に由来する生体ノイズを低減し、リアルタイム計測などの際に自由度が向上。

【マルチディスタンス方式】

受光点Aと受光点Bの計測値を用いて、皮膚血流などの生体ノイズを低減する方式

【受光装置の追加】

従来の発光装置と受光装置の格子状配置に加え、中央部(点線部)に受光装置を追加配置することで、マルチディスタンス方式に対応

装着状態をスピーディーに確認


イメージ図

小型カプセルユニットに搭載したLEDで装着状態がすぐに確認でき、作業効率が向上。

加速度センサーを搭載。計測時の体動等を感知。


イメージ図

ヘッドセットに加速度センサーを新たに搭載し、脳血流の変化とともに動きや傾きを計測・保存し、計測後アーチファクトの原因究明に利用可能

WOT-HSの主な特長

  • * 本製品は医療機器ではありませんので、医療用に使用することはできません。