ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

WorkStation OS:UNIXにHDDミラーリング(外付け)改造を実施することにより、データ消失防止、容量増大、装置延命化に貢献します。

取扱会社:株式会社 日立ハイテクノロジーズ

特長

  • HDDをミラーリング化(外付け)することにより、一方のHDDに障害が発生しても、システムダウンおよびユーザファイル消失を防止できます。
  • ミラーリングHDD化と共にHDDの容量を大幅にアップします。
  • ハードウェア方式のミラーリングHDDの採用により、装置のスループットは低下しません。
  • 装置計画停止時に障害HDD交換およびデータ自動再構築を行うことができるため、HDD障害によるダウンタイムを最小にします。

対象装置

  • S-7000シリーズ(S-7800/7800H/7840)
  • S-8000シリーズ(S-8820/S-8840/S-8C40)
  • S-9200シリーズ(S-9200/S-9220/S-9260/S-9260A)
  • S-9300シリーズ(S-9300/S-9360/S-9380/S-9380II)
  • ディフェクトレビューSEM RSシリーズ(RS-3000/RS-4000/RS-5000)

EWS型式と改造前後比較

EWS型式(現状)改造前改造後
HDD容量Mirroring機能HDD容量Mirroring機能
B132L 2GB × 40GB
B132L+ 4GB × 80GB
B180L 9GB × 80GB
B2600 36GB × 80GB
*
改造前にHDDが増設されているか、確認が必要です。
  • * UNIXは、The Open Groupの米国ならびに他の国における登録商標です。

ご相談・お問い合わせ先

株式会社 日立ハイテクフィールディング お客様サポートセンタ

電話でのお問い合わせは、お客様サポートセンタ(フリーコール)までお願いいたします。

フリーコール

0120-203-813(24時間受付)

FAX :03-5379-1685

関連製品