ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

製造業のグローバルトレンド

現在の製造業は現地で販売する製品を現地で生産する、いわゆる地産地消型、そしてIoT※1やM2M※2を駆使し、インダストリー4.0※3に向けて製品の生産を最適化し、グローバルに販売することがトレンドとなっています。

*1)
IoT: Internet of Things(モノのインターネット)とは、従来は主にパソコンやサーバー、プリンタ等のIT関連機器が接続されていたインターネットにそれ以外の様々な“モノ”を接続すること。
*2)
M2M: Machine to Machine 機械と機械が通信ネットワークを介して互いに情報をやり取りすることにより、自律的に高度な制御や動作を行うこと。
*3)
インダストリー4.0: 生産工程においてデジタル化・自動化・バーチャル化のレベルを現在よりも大幅に高め、情報を一括管理することで、製造におけるコストの極小化を目指すこと。第4次産業革命ともいう。

バリューチェーンマネジメントの必要性

グローバルに展開する製造業において、製造拠点の製品の品質管理や、地域拠点の製造から販売、サービスの一体連携や、各地域・国で異なる商習慣、規制、製造プロセスなどから生じる課題を解決しなければならず、生産、調達、物流、財務のバリューチェーンにおけるトータルマネジメントが急務となっている。

グローバルバリューチェーンにおける課題

グローバルな製造環境において、現地業務が統制できていないことや、関係部署間の複雑化・調整不足、リスクの過剰見積や現地調達化部材の品質不均一により、様々な問題が発生することがあります。