ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

解説サイト「半導体の部屋」

 半導体は、暮らしの中でどのように利用されているのでしょうか。半導体自体は電化製品のように店頭で販売されていないので、分かりにくいかも知れません。しかし実際には多くの電化製品に利用されています。
 たとえば、エアコンには温度センサーが使われていますが、そのセンサーは半導体で出来ています。炊飯器がおいしくご飯を炊けるのも半導体で火力をきめ細かく制御しているからです。パソコンを動かすCPUも半導体です。その他、携帯電話/スマートフォン、デジタルカメラ、テレビ、洗濯機、冷蔵庫、LED電球など、さまざまなデジタル家電製品に半導体は使われています。
 また家庭用電化製品に限らず、銀行ATMや電車の運行、インターネット・通信などの社会インフラも、その中枢は半導体に支えられています。高機能化した社会インフラの普及は、医療ネットワークによる老人介護など、高齢化社会にも貢献しています。また、効率の良い物流システムは、エネルギーのムダを省き地球環境の保全を促しています。更に自動車では、半導体デバイスの搭載数が確実に増加しています。自動車に搭載される半導体は、マイコンをはじめ多くの種類があります。今後特にADAS(先進運転者支援システム)用でより多くの半導体が使われる見込みです。
このように半導体は豊かで快適な暮らしを私たちにもたらしています。

暮らしの中の半導体