ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

JASIS 2013(2013/9/4~6)期間中に開催された、国際会議「RSC 東京国際コンファレンス2013」(英国王立化学会主催)のフラッシュプレゼンテーション&ポスターセッションにおいて、日立ハイテク 科学・医用システム設計開発本部 佐藤岳志らが発表したポスターが、ポスター賞を受賞しました。

「RSC 東京国際コンファレンス2013」は、歴史ある欧州最大の化学関連学会である英国王立化学会 (RSC)主催による国際会議で、世界的に著名な研究者による最新技術の講演会と共に、分析化学・分析装置に携わる若手研究者が議論・交流するフラッシュプレゼンテーション&ポスターセッションが行われました。

佐藤らは、そのフラッシュプレゼンテーション&ポスターセッションにて、電界放出形透過電子顕微鏡HF-3300を用いた、Pt/C触媒のin situ SEM/STEM観察に関するポスター発表を行い、見事、ポスター賞を受賞しました。

受賞ポスター題目:
In situ SEM/STEM simultaneous observation of platinum catalysts in gas atmosphere using a 300kV Cold FE TEM

受賞者:
佐藤岳志、松本弘昭、長沖功、長久保康平、矢口紀恵