ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

拡大をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ミジンコ


拡大

ミジンコのSEM像
(観察倍率:100倍)


拡大

ミジンコのSEM像のSEM像
(観察倍率:250倍)

水戸市にある千波湖の水の中から、小さな生き物を見つけました。ミジンコは浅い湖沼や水路にたくさん生息する浮遊性の微生物です。小さくて虫のように見えますが、エビやカニの仲間です。電子顕微鏡で観察すると、体内の様子まで見ることができます。

ミクロキスチス エルギノーサ(水の華を作る生物)


拡大

写真a.: ミクロキスチス
エルギノーサのSEM像
(観察倍率:100倍)


拡大

写真b.: ミクロキスチス
エルギノーサのSEM像
(観察倍率:2,000倍)

写真a: 細胞が密に集まって群体をつくっている様子
写真b: 直径3~4μmの球状の細胞
試料ご提供:神奈川県内広域水道企業団 建部 修様

こちらは神奈川県の津久井湖で採取しました。皆さんも、湖などの水面が青緑色に濁っている光景を見かけたことがあると思います。これは「アオコ」と呼ばれ、植物性プランクトンが大量に繁殖して起こる現象です。ミクロキスチス エルギノーサは、「アオコ」を生じさせる生物の一つです。