ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

ナノアート

納豆と豆腐

©日立計測エンジニアリング(株) 矢口紀恵、池田智子、岡村定彦

納豆(中央):大豆の細胞内の脂肪粒子は、納豆菌のために大きな脂肪滴となって細胞の周辺に凝集します。プロテインボディーも破壊されますが内部の蛋白質は細胞内で固化している状態が観察されます。
豆腐(バック):大豆の蛋白微粒子と共に脂肪粒子が点々と観察されます。納豆の細胞は池の中を泳ぐ、ユニークなゲンゴローを想像させます。

1993年(第49回)日本電子顕微鏡学会
写真コンクール 出展作品

撮影条件

  • 試料:納豆と豆腐
  • 測定装置:電子顕微鏡 H-7100
  • 撮影倍率:5,000倍
  • 加速電圧:75 kV
*
: 作成者の所属情報は作成当時の情報です。
*
: この作品は日本顕微鏡学会主催、「写真コンクール」に出展された作品です。
*
: 「nanoart」に掲載された写真、文章の無断転載を禁じます。
*
*
: 「nanoart」は(株)日立ハイテクノロジーズの日本国内における登録商標です。