ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

ナノアート

Gold Moon

©日立計測エンジニアリング(株) 中川美音、上野武夫、山田満彦
©(株)日立製作所 計測器事業部 宮本卓治

山かげから満月。
この現象は、直接加熱方式の試料加熱ホールダを用いて金箔を約1,000℃まで加熱することによって観察されました。
加熱された金の表面は液化して、表面張力により球状となったものと推測されます。

1994年(第50回)日本電子顕微鏡学会
写真コンクール 入賞作品

撮影条件

  • 測定装置:超高分解能電界放出形走査電子顕微鏡 S-5000
  • 撮影倍率:4,000倍
*
: 作成者の所属情報は作成当時の情報です。
*
: この作品は日本顕微鏡学会主催、「写真コンクール」に出展された作品です。
*
: 「nanoart」に掲載された写真、文章の無断転載を禁じます。
*
*
: 「nanoart」は(株)日立ハイテクノロジーズの日本国内における登録商標です。