ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

ナノアート

まりも

©(株)日立サイエンスシステムズ 黒田靖、矢口紀恵
©(株)日立製作所 計測器事業部 橋本隆仁
©東北大学 田路和幸

カーボンペースト上に付着した直径約1µmの光干渉反射型着色磁性粒子(ストラティファイド粒子)を、加速電圧200 kVのSEMにて撮影しました。まるで丸いストラティファイド粒子が、新鮮な水と光を浴びて湖の底ですくすくと成長している毬藻のように見えます。

1999年(第55回)日本電子顕微鏡学会
写真コンクール 出展作品

撮影条件

  • 試料:トナー粒子(ストラティファイド粒子)
  • 測定装置:超薄膜評価装置 HD-2000
  • 加速電圧:200 kV

試料ご提供:東北大学 田路和幸様

*
: 作成者の所属情報は作成当時の情報です。
*
: この作品は日本顕微鏡学会主催、「写真コンクール」に出展された作品です。
*
: 「nanoart」に掲載された写真、文章の無断転載を禁じます。
*
*
: 「nanoart」は(株)日立ハイテクノロジーズの日本国内における登録商標です。