ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

ナノアート

-月面-

©(株)日立サイエンスシステムズ 今野充、矢口紀恵
©(株)日立製作所 半導体事業部 宮内茂樹
©(株)日立製作所 計測器グループ 橋本隆仁

リン青銅表面の付着物を加速電圧200 kVのSEMで観察したもの。加速電圧200 kV以上の高加速二次電子像を観察すると、試料表面と内部の情報が同時に観察できます。このミクロの世界の構造が、まるで大宇宙に浮かぶ月の表面のように見えます。

2000年(第56回)日本電子顕微鏡学会
写真コンクール 出展作品

撮影条件

  • 試料:リン青銅
  • 測定装置:超薄膜評価装置 HD-2000
  • 加速電圧:200 kV
*
: 作成者の所属情報は作成当時の情報です。
*
: この作品は日本顕微鏡学会主催、「写真コンクール」に出展された作品です。
*
: 「nanoart」に掲載された写真、文章の無断転載を禁じます。
*
*
: 「nanoart」は(株)日立ハイテクノロジーズの日本国内における登録商標です。