ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

ナノアート

ナノ・コースター

©(株)日立サイエンスシステムズ 竹内秀一、中川美音
©(株)日立ハイテクノロジーズ 佐藤貢、高根淳、小柏剛
©(株)日立製作所 日立研究所 吉田昌司

ついに、ナノスケールの遊園地が誕生??
この画像は、フラットディスプレイパネルの電子源や、燃料電池用水素貯蔵素子などへの利用が期待されるカーボンナノチューブをインレンズFE-SEMで観察した例です。 焦点深度拡大機能を用いることにより、複雑に絡み合うカーボンナノチューブの様子が明瞭に観察されています。
近い将来、乗客の姿もクローズアップできるようになるかもしれません。

2002年(第58回)日本電子顕微鏡学会
写真コンクール 出展作品

撮影条件

  • 試料:カーボンナノチューブ
  • 測定装置:走査電子顕微鏡 S-5200
  • 撮影倍率:50,000倍
  • 加速電圧:5 kV
*
: 作成者の所属情報は作成当時の情報です。
*
: この作品は日本顕微鏡学会主催、「写真コンクール」に出展された作品です。
*
: 「nanoart」に掲載された写真、文章の無断転載を禁じます。
*
*
: 「nanoart」は(株)日立ハイテクノロジーズの日本国内における登録商標です。