ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

ナノアート

サンゴ礁

©(株)日立サイエンスシステムズ 佐藤高広、今野充、矢口紀恵
©(株)日立ハイテクノロジーズ 橋本隆仁

真っ青な南の海に広がるサンゴ礁。そんな自然界の美しい光景を想像させるこの写真はSTEM(走査透過電子顕微鏡)を用いて撮影したSi-W-Oウィスカー群の二次電子像(図a)です。一本のウイスカーは、数百nmサイズで、これらが一面に成長しています(図b)。場所により、角柱状に(図c)、または表面が数nmのステップ状に(図d)成長したものがあります。像内の左下から右上に伸びる明るい帯は、海中に佇む巨大なサンゴ礁を照らす太陽の光の様に見えます。

2004年(第60回)日本顕微鏡学会(8APEM)
写真コンクール 出展作品

撮影条件

  • 試料:Si-W-Oウィスカー結晶
  • 測定装置:超薄膜評価装置 HD-2000
  • 撮影倍率:5,000倍
  • 加速電圧:200 kV
*
: 作成者の所属情報は作成当時の情報です。
*
: この作品は日本顕微鏡学会(8APEM)主催、「写真コンクール」に出展された作品です。
*
: 「nanoart」に掲載された写真、文章の無断転載を禁じます。
*
*
: 「nanoart」は(株)日立ハイテクノロジーズの日本国内における登録商標です。