ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

ナノアート

「雪吊り」・・・金沢の伝統的な風景

©(株)日立サイエンスシステムズ 檀紫、多持隆一郎

雪で覆われた枝を両側から縄により支えられた木。
「雪吊り」は北陸特有の重い雪から木々を守るために施され、最も金沢らしい伝統的な冬の風景です。
冬を思い起こさせるSEM写真は、6月の梅雨時期から多く発生するカビです。この自然な画像はカビを処理せず、低真空モードで観察することにより得られました。

2004年(第60回)日本顕微鏡学会(8APEM)
写真コンクール 出展作品

撮影条件

  • 測定装置:走査電子顕微鏡 S-3000N
  • 加速電圧:10 kV
  • 真空度:130 Pa
  • 信号:低真空二次電子像(ESED)
*
: 作成者の所属情報は作成当時の情報です。
*
: この作品は日本顕微鏡学会(8APEM)主催、「写真コンクール」に出展された作品です。
*
: 「nanoart」に掲載された写真、文章の無断転載を禁じます。
*
*
: 「nanoart」は(株)日立ハイテクノロジーズの日本国内における登録商標です。