ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

ナノアート

蝶の舞

©(株)日立ハイテクマニファクチャ&サービス 青木優香、布施潤一
©(株)日立ハイテクノロジーズ 振木昌成、西村雅子

蝶が生い茂った緑の中を華麗に舞っています。
これは低真空SEMを用いて、硫酸カルシウムを無蒸着で観察したものです。
硫酸カルシウムは一般に石膏と言われるもので、チョークなどに用いられています。チョークにはこの蝶達のように、様々な色があります。この色鮮やかな蝶達がチョークの色を演出していると考えると素敵だと思いませんか?

2006年 第16回 国際顕微鏡学会議(IMC16)
写真コンクール 材料部門出展作品

撮影条件

  • 試料:チョーク (硫酸カルシウム)
  • 測定装置:走査電子顕微鏡 S-3400N
  • 加速電圧:5 kV
  • 真空度:50 Pa
  • 信号:低真空反射電子像(BSE)
*
: 作成者の所属情報は作成当時の情報です。
*
: この作品は第16回 国際顕微鏡学会議(IMC16)、「写真コンクール」に出展された作品です。
*
: 「nanoart」に掲載された写真、文章の無断転載を禁じます。
*
*
: 「nanoart」は(株)日立ハイテクノロジーズの日本国内における登録商標です。