ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

ナノアート

宇宙で一番小さなカエル

©(株)日立ハイテクノロジーズ 塩野正道、西村雅子
©(株)日立ハイテクマニファクチャ&サービス 中島里絵

電子顕微鏡のなかで、小さなカエルに出会いました。このカエルの正体は珪藻の細胞壁にある微細な突起です。カエルの顔は唇状突起、足の部分は有基突起と呼ばれる構造で、別々に撮影した写真を組み合わせたものです。これらの突起の内部は中空で、それぞれ粘液や繊維を細胞外に放出し、珪藻の浮力を高める働きをしています。

2008年(第64回)日本顕微鏡学会
写真コンクール 出展作品

撮影条件

  • 試料:珪藻
  • 測定装置:走査電子顕微鏡 SU-1500
  • 加速電圧:15 kV
  • 信号:二次電子像
*
: 作成者の所属情報は作成当時の情報です。
*
: この作品は日本顕微鏡学会主催、「写真コンクール」に出展された作品です。
*
: 「nanoart」に掲載された写真、文章の無断転載を禁じます。
*
*
: 「nanoart」は(株)日立ハイテクノロジーズの日本国内における登録商標です。