ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

ナノアート

小鳥のかくれんぼ

©(株)日立ハイテクノロジーズ 振木昌成、許斐麻美、西村雅子
©(株)日立ハイテクマニファクチャ&サービス 圷さおり、稲木由紀、黒澤浩一

小鳥が自分にぴったりな丸い巣穴に、じっと身を潜めています。これは、セラミックの着色部分をArイオンビームで断面作製し、低真空SEMで観察したもので、介在物の存在が明確になりました。
反射電子像で観られたセラミックの結晶粒は降り積もる雪のようで、寒い冬に見つけた巣穴で春の訪れを静かに待っているようです。

2010年(第66回)日本顕微鏡学会
写真コンクール 出展作品

撮影条件

  • 試料:セラミック
  • 測定装置:走査電子顕微鏡 S-3400N(断面作製:イオンミリング装置 E-3500)
  • 加速電圧:5 kV
*
: 作成者の所属情報は作成当時の情報です。
*
: この作品は日本顕微鏡学会主催、「写真コンクール」に出展された作品です。
*
: 「nanoart」に掲載された写真、文章の無断転載を禁じます。
*
*
: 「nanoart」は(株)日立ハイテクノロジーズの日本国内における登録商標です。