ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

ナノアート

ナノ・ステンドグラス

©(株)日立ハイテクノロジーズ 白井学、中澤英子、久保貴
©国立感染症研究所 ウイルス第二部 宇田川悦子

リンタングステン酸を用いてネガティブ染色を行った牛痘ウィルスのTEM像である。染色されたウィルスの構造が明瞭に観察されている。繊維状構造物周辺のウィルス粒子は春の訪れを告げるネコヤナギの花穂のようである。

2015年(第71回)日本顕微鏡学会
写真コンクール 出展作品

撮影条件

*
: 作成者の所属情報は作成当時の情報です。
*
: この作品は日本顕微鏡学会主催、「写真コンクール」に出展された作品です。
*
: nanoart®に掲載された写真、文章の無断転載を禁じます。
*
*
: nanoartは(株)日立ハイテクノロジーズの日本国内における登録商標です。