ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

臼倉先生に電子顕微鏡技術のお話しをしていただきました。

  • * 当サイトに掲載している文章・画像などの無断転載を禁じます。

執筆者:
名古屋大学 エコトピア科学研究所 融合プロジェクト部門 (先端技術共同研究施設)
教授 臼倉 治郎先生

東京大学において山田英智教授(現名誉教授)のもとで凍結技法を用いた細胞生物学を学んで以来、凍結技法のパイオニアとして急速凍結装置、分子蒸留凍結乾燥装置、フリーズエッチング装置などを開発。現在も日本生物物理学会、日本顕微鏡学会、米国細胞生物学会など12の学会に所属し、凍結技法を中心としたバイオイメージングの分野で世界的に活躍している。1994年度 日本電子顕微鏡学会賞(瀬藤賞)受賞。

  • * 当サイトに掲載している文章・画像などの無断転載を禁じます。