ページの本文へ

Hitachi

理科教育支援活動日立ハイテクノロジーズ

「子どもの理科離れ」に歯止めを! 日立ハイテクの教育支援活動

日立ハイテクグループでは、長年にわたり電子顕微鏡や、分光光度計など最先端の分析装置の開発・販売活動を通じて世界の学術・研究開発分野の発展に貢献してまいりました。
また、血液の自動分析装置や半導体製造装置、産業用製造・組立・検査装置、鉄道架線・軌道の検査装置などの最先端装置の開発・販売、最先端産業部材の販売活動などを通じて医療・産業分野の発展にも貢献してまいりました。

昨今、児童や学生の「理科離れ」については、将来、これらの各分野で活躍する人材の育成にとって、深刻な社会問題となっています。

それ以前の1990年ごろより、当社では事業所近くの小学生を招き、電子顕微鏡などを活用したイベントを開催していました。しかし当時、かなり大型で操作の難しい電子顕微鏡は、子どもたちにとってまだ身近な存在ではなかったのも事実です。

「より多くの人々、とりわけ科学分野の将来をになう若い世代に、もっと理科への興味を持ってほしい。理科離れに歯止めをかけたい」

私たちはそのような思いでさらに研究開発を進め、2005年に省スペースで「簡単に使える」卓上型電子顕微鏡Miniscope®TM-1000を完成させました。そして、これを機にMiniscope®を活用した理科教育支援を、本格的にスタートさせたのです。

国内では、これまで科学館への装置貸出しや企画展への協力をはじめ、学会活動への出展協力、小中学校への出前授業で、普段触れる機会の少ないミクロの世界のおもしろさを紹介し続けています。

活動は国内にとどまらず、日立ハイテクノロジーズアメリカ会社が米国「STEM教育」*1の振興に協力し、学校や科学館向けイベントにMiniscope®の貸し出しやデモンストレーションを実施。

また欧州では、日立ハイテクノロジーズヨーロッパ会社が、ドイツ連邦教育研究省が2010年に開始した「ナノトラックプロジェクト 」*2で、Miniscope®を無償貸し出しを行いました。

これら国内外における当社の取り組みを通じて多くの子どもたちが普段見ることのできないミクロの世界を体験しています。この体験をきっかけに、子どもたちが科学への興味をふくらませ、「私自身がハイテク技術をもっと発展させてみたい!」という思いにつながってほしい。そんな願いをもって本活動を継続しています。

*1
「Science,Technology,Engineering,Mathematics:科学,技術,工学,数学」の意味。STEM教育は、科学技術分野の人材育成施策として進められている。
*2
小規模な実験装置や科学関連の展示品などを積み込んだトレーラーで、ドイツ各地の学校や大学,団体を訪問し、一般市民向けにナノテクノロジーが日常生活とどのように関わっているかを紹介するプログラム