ページの本文へ

Hitachi

技術機関誌 SI NEWS日立ハイテクノロジーズ

Chromasterシリーズの新たなオートサンプラとして、ダイレクトインジェクション方式を採用し、耐圧60 MPaに対応した5280オートサンプラを開発しました。
また、ChromasterUltra RsでラインアップしていたChromasterUltra Rs 6310カラムオーブンをChromasterシステム向けとして新たに発売しました。

5280オートサンプラの主な特長

  1. ダイレクトインジェクション方式の採用
    ダイレクトインジェクション方式によって、微量の試料をロス無く注入することが可能です。5280オートサンプラは他のChromasterシリーズと接続し、汎用LC装置として使用可能です。
  2. 耐圧60 MPa
    耐圧が60 MPaであることにより、粒子径2.0 µm以下のカラムやコアシェルカラムの使用が可能です。分離性能の向上や分析時間の短縮が実現します。

6310カラムオーブンの主な特長

  1. 幅広い温度制御範囲
    6310カラムオーブンはペルチェによる温度制御方式を採用しており、室温-15°C~+7°Cまでの幅広い温度制御が可能です。
    温度設定範囲は4°C~90°Cであり、従来の5310カラムオーブンでは制御が困難であった85°C以上のアプリケーションデータを取得することが可能です。
  2. 優れた昇温・冷却時間
    室温25°Cから40°Cまでの昇温時間はわずか4分です。加熱・冷却能力を大幅に向上させ、設定温度に達する時間に長時間を要することなく、システムの立上げ時間を短縮します。

Chromasterシステム(6310カラムオーブンを含む)

関連製品カテゴリ