ページの本文へ

Hitachi

卓上顕微鏡 TM3030Plus/TM3030日立ハイテクノロジーズ

アスベスト

アスベストの観察例

トレモライトのEDX分析イメージ

元素マッピングで確認すると、Alは付着粒子によるものだと分かり、トレモライトだと判別できる。

Image of EDX spectrum

フィルター上に捕集したアスベストを灰化処理や金属蒸着を行わずに、観察・分析(オプション)を行った例です。アスベストの種類判別には形状だけでなく、EDXの分析結果が重要です。
存在する元素とその比率から種類を特定しますが、試料によっては混入付着粒子の元素が検出され、判断が難しい場合があります。
そのような場合には元素マッピングでの確認が有効です。
本データではMg、Al、Si、Caが検出されているためロックウールと間違いやすいのですが、元素マッピングで確認すると、Alは付着粒子によるものだと分かり、トレモライトだと判別できます。
Bruker社製エネルギー分散型X線分析装置 Quantax70(オプション)は1度の測定でポイント分析、マッピング分析の結果が得られ、測定時間もわずかです。
またリアルタイムでポイント分析、マッピング分析の結果を確認できるため効率良く測定が行えます。

観察例

目的別観察例 - 環境分野