ページの本文へ

Hitachi

卓上顕微鏡 TM3030Plus/TM3030日立ハイテクノロジーズ

伯州綿(はくしゅうめん)/アップランド綿

伯州綿(はくしゅうめん)(和綿)

伯州綿(はくしゅうめん)(和綿)の観察例

アップランド綿(米綿)

アップランド綿(米綿)の観察例

試料ご提供:(左)鳥取大学医学部 稲賀すみれ先生、(右)一般財団法人境港市農業公社

伯州綿(はくしゅうめん)とアップランド綿を観察し、比較した画像です。
綿繊維は帯電しやすい試料ですが、無蒸着のまま観察を行いました。
合成像(二次電子+反射電子)で繊維の太さだけでなく、表面形状も観察できています。
伯州綿は繊維が「太くて丸み」があり、アップランド綿は「細く平たい」ものが多いことがわかります。

伯州綿

繊維が太い伯州綿は弾力があり、手紡ぎされた糸は肌触りが良く、曲線の美しい絵絣が特徴の日本の国指定の伝統工芸品「弓浜絣(ゆみはまがすり)」の主原料としても用いられている鳥取県特産の綿です。

弓浜絣のイメージ

弓浜絣(絣音工房作)

アップランド綿(米綿)の観察例

弓浜絣の観察例(50倍)

経糸(たていと:白矢印:アップランド綿)
緯糸(よこいと:赤矢印:伯州綿)の違いがよくわかります。

観察例