ページの本文へ

Hitachi

卓上顕微鏡 TM3030Plus/TM3030日立ハイテクノロジーズ

高機能

  • 操作フロー順に並んだアイコンで簡単操作
  • 適合スペクトルの表示で元素の重なりを簡単確認
  • TruMap機能でピークが重なる元素を分離して正しく表示(AZtecOne)

TM3030とエネルギー分散型X線分析装置 AZtecOne

TM3030シリーズとの組み合わせ例
*PCの画像ははめこみ合成です

Features

視覚的で分かりやすい操作環境

簡単操作メニュー

マッピング分析例
通常のスペクトル収集はもちろん、マッピングデータから任意エリアのスペクトルを再構成できます。
形状は点・矩形・楕円・フリーハンドから選択が可能です。

適合スペクトル機能
適合スペクトル機能が定性分析をアシスト。ピークの重複の確認に役立ちます。

TruMap機能による高精度/高信頼性のX線分布の表示(AZtecOne)
TruMap機能は、ピークが重なる元素同士をリアルタイムにピーク分離してマップ表示します。
通常のマップでは重なってしまうMg-KとAs-Lもピークの重なりの影響なく元素マップ像が得られます。

仕様

項目内容
型式 AZtecOne AZtecOneGO
検出素子タイプ シリコンドリフト検出器
検出素子面積 30 mm2 10 mm2
エネルギー分解能 158 eV(Cu-Kα)
(MnKα 137 eV相当)
151 eV(Cu-Kα)
(MnKα 129 eV相当)
検出可能元素 B5~U92
定性分析 オート / マニュアル
定量分析 スタンダードレス法(XPP定量補正)、100%ノーマライズ
TruMAP/Lineリアルタイム
ピーク分離マッピング