ページの本文へ

Hitachi

卓上顕微鏡 TM3030Plus/TM3030日立ハイテクノロジーズ

Features

低温観察

含水試料の水分の蒸発を抑えた観察を行う際には、試料を冷却して観察することが効果的です。TM3030では、-25°Cまで冷却可能なDeben社製クールステージを用意しています。これにより、含水試料を数十分~数時間のオーダーで、試料形状の変形を抑えた観察/EDX分析が行えるようになります。特に水分の多い食品・生物組織、熱ダメージに弱い試料の観察に適しています。

ばらの花びらの観察例

ムースチョコレートの観察例
表面(5kV)帯電軽減モード
倍率:500倍
試料:ムースチョコレート

マシュマロの観察例
高輝度(15kV)帯電軽減モード
倍率:150倍
試料:マシュマロ

参考動画

米国農務省とフロリダ大学の共同プロジェクトにて、TM3030とクールステージを用いた観察手順の動画紹介をしていただきました。
https://www.youtube.com/watch?v=PUuC42_h1jQ

ご提供: Dr. Gary Bauchan (米国農務省 電子顕微鏡および共焦点顕微鏡室 室長)
試料台などの一部は、日本で取扱いがございません。