ページの本文へ

Hitachi

卓上顕微鏡 TM3030Plus/TM3030日立ハイテクノロジーズ

直感的で簡単操作

  • 簡単操作で迅速なカラーX線マップ
  • 指定したスポット位置の移動に対応してスペクトル確認が可能
  • ハイパーマップにより、一度の測定でスポット分析・ライン分析・マッピング結果を取得可能

TM3030とエネルギー分散型X線分析装置 Quantax70

TM3030シリーズとの組み合わせ例
*PCの画像ははめこみ合成です

Features

ハイパーマップによる多彩な分析

スポット分析
スポット位置の移動に合わせてリアルタイムでスペクトルが追従するので、目的元素の確認が容易に行えます。

元素マッピング
大口径検出器(30 mm2)により迅速なマップ像が取得可能です。スポット分析との組み合わせで多角的な情報が得られます。

ライン分析
ラインの位置や長さ・幅・太さを変えながらリアルタイムでスペクトル分布を確認できます。

測定例 ~岩石の分析例(無蒸着)~

Specifications

項目内容
検出器素子タイプ シリコンドリフト検出器
エネルギー分解能 154 eV(Cu-Kα)
(Mn-Kαの場合135 eV相当)以下
検出可能元素 B5~Am95
定性分析 オートID/マニュアルピークID
定量分析 スタンダードレス法、100%ノーマライズ
  • TM3030/TM3030Plus 仕様
    • オプション
      • エネルギー分散型X線分析装置 Quantax70
      • エネルギー分散型X線分析装置 AZtec Energy Miniscope Edition
      • モータードライブステージ

TM3030が活躍! 小さなものを大きくみよう けんびきょう展

TM3030Plusが出演する「日立 世界ふしぎ発見!スペシャル」

低真空SEMで見る3Dの世界とその可能性

電子顕微鏡/プローブ顕微鏡

走査電子顕微鏡 FlexSEM 1000

技術機関誌 SI NEWS

ハイテクEXPO