ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクフィールディング

日立ハイテクグループは、持続可能な開発目標(SDGs)を踏まえたマテリアリティ(重要課題)である「持続可能な地球環境への貢献」を経営の最優先課題の一つとし、事業活動を通して環境保全活動に努め、環境価値創造企業をめざす。

方針

株式会社日立ハイテクフィールディングは、技術サービスならびに部品販売などの事業活動を通して、
法令の遵守、環境汚染の予防を行い、社会的責任を果たすとともに「脱炭素社会」「循環型社会」
「自然共生社会」の実現に向け、積極的に取り組みます。

環境テーマ

「地球にやさしく、豊かな自然を未来の人々に」

環境活動項目

  1. 環境関連法規などの遵守

    環境関連法規および規制、ならびに会社が認めたその他の要求事項を遵守し、地球環境および地域の環境の保全と資源の保護に寄与する。

  2. 廃棄物の適正処理と資源の有効活用
    • 廃棄物処理の資格を持つ正規の業者に委託するなど、廃棄物処理の適正化に努める。
    • 排出物の分別収集を徹底し、廃棄物の削減ならびに再資源化を推進する。
    • 部品梱包材の縮減と再利用を図る。
  3. 地球温暖化防止への取り組み
    • 事務所の電力消費の低減に努める。
    • 自然エネルギー・再生エネルギー使用のサービスカー採用に努める(HV車、EV車化の推進)。
  4. 地域社会への貢献
    • 植林事業に協力し、地球の緑化に努める。
    • 当社の専門技術を活用し、地域の環境教育に貢献する。
  5. 技術サービスを通じて環境負荷低減に寄与する
    • 顧客先で稼動する製品およびシステムの省エネ化、再利用など、有為な成果が得られるように技術の提供に努める。
    • 環境保全関連設備の保守活動により、社会の環境保全に寄与する。
    • リサイクル可能な部品の供給などにより、資源の保護に取り組む。
  6. 環境方針達成のため、環境目的および目標を設定し、また、定期的に見直しを行い、全従業員で継続的改善を図る。

この環境方針は、全従業員に周知しています。

2021年4月1日
株式会社日立ハイテクフィールディング
代表取締役 取締役社長 佐野 耕士