ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクフィールディング

ロジスティクスセンタでは、環境に配慮した物流活動を推進しています。

環境にやさしい緩衝材

緩衝材
緩衝材

お客様に商品を発送する際に使用する緩衝材は、土に還る材料、もしくは燃やした時に有害なガスを発生させない材料を使用しています。

配送先集約による段ボール使用数の削減

同一のお客様に対しては部品1個ごとの発送を止め、複数個の部品を同一梱包として段ボールを削減しています。

自動分析装置用洗浄剤「ハイタージェント」の梱包箱を改善

自動分析装置用洗浄剤の梱包を緩衝段ボール(形抜き段ボール板)に変更し、梱包材を削減しました。また、作業効率も向上しました。

梱包材から型抜き段ボール板を使用
梱包材から型抜き段ボール板を使用

安全データシート(SDS)電子メール配信

労働安全衛生法などへの対応のため、対象品の発送時には安全データシート(SDS)を添付していましたが、当社Webサイトから電子メールで入手可能となるシステムを構築いたしました(2017年9月29日からサービス開始)。
本システムの導入により、コピー紙 約8,300枚/月(A4サイズ)が削減され、CO2に換算すると約50kg-CO2/月の削減となります。
今後も、お客様の利便性向上および紙使用量の削減に努めます。