ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクフィールディング

オフサイト校正点検

分析装置の精度維持・管理には、日常点検・定期点検に加え、ISO9001規格に適合した試験、GLP/GMP などによるバリデーションを行うことが重要です。
操作性を重視した当社開発のツールキットを使用し、性能試験が可能です。また、オフサイト方式のサービス*1により、従来比50%*2の価格低減を実現しました。

  • *1 お客様先にエンジニアを派遣しないサービス
  • *2 当社オンサイトサービスとの比較

「カタログPDF表示」をクリックすると、カタログPDFが表示されます。

カタログPDF表示

オフサイト校正案内動画

取扱会社:株式会社 日立ハイテクフィールディング

校正点検の必要性

校正点検の必要性

測定値の信頼性を確保するためには、定期的な校正点検が必要です。また、ざまざまな社内外の規格に適合するためには、測定器の精度管理が求められます。

校正点検を行う場合によくある問題点

  • 当社に校正点検をご依頼いただく場合
    1. 当社エンジニアによる作業のため、費用が心配
  • お客様にて自主校正を実施される場合
    1. 標準器などの管理が煩わしい
    2. 校正結果の客観性を確保したい
    3. 校正点検の方法がよく分からない

当社オフサイト校正点検のメリット

  • オフサイト方式のサービスで低価格を実現
  • 校正に必要な標準器などは全て当社で準備
  • 当社が校正証明書、試験成績書発行
  • 専用ソフトウェアで校正点検をサポート
  • コロナ禍の今、エンジニアが訪問せずとも校正が可能

特長

オフサイト校正の5つの特徴

1.校正機器の準備は不要

校正に必要な機器を貸し出しいたします。光学フィルタの校正費用を削減し、測定器管理の煩雑さから、お客様を解放します。

校正ツールキット

  • 標準光学フィルター(検定済み)
  • 迷光測定用試料
  • 専用PC
  • 専用ソフトウエア(UV Naviソフト)
  • ドキュメント(手順書、安全データシート(SDS)など)

2.使いやすさを追求した操作性

専用ソフトウエア(UV Naviソフト)がお客様の操作をナビゲーション。使いやすさを追求した操作性、かつ半自動での校正が可能です。

専用ソフトウエア(UV Naviソフト)による操作

  • オフサイト校正は、校正ツールキットを使用してお客様にて実施いただきます。
  • 専用ソフトウエア(UV Naviソフト)のナビゲーション機能が操作をサポートします。

3.客観性の確保

当社が試験成績書・校正証明書を発行します。

4.信頼性の確保

操作ミスによる合否判定の誤りや試験データの改ざんを防止します。

専用ソフトウエア(UV Naviソフト)により操作ミスを防止

  • 測定条件は、専用ソフトウエア(UV Naviソフト)が自動で送信(変更不可)するため、測定条件の入力ミスを防止できます。
  • 操作手順は、専用ソフトウエア(UV Naviソフト)が写真とメッセージで説明するため、測定者の経験に影響されません。

5.コストおよびお客様のご負担を低減

オフサイト方式の採用で低価格を実現。また、測定器管理、装置精度管理の煩雑さから、お客様を解放します。

軽減されるお客様のご負担

  • 手順書作成
    標準操作手順書をご提供するため、お客様での標準操作手順書の作成が不要になります。
  • 校正作業
    専用ソフトウエア(UV Naviソフト)で校正するため、校正時間の削減が期待できます。
  • 標準器管理
    校正管理の標準光学フィルター(検定済み)を当社でご準備するため、お客様での光学フィルターのご準備は不要です。
  • 証明書発行
    客観性の高い証明書を当社が発行するため、お客様による証明書発行作業は不要になります。

校正点検の流れ

オフサイト校正点検の流れ

対象機種

1.ダブルビーム分光光度計 U-2900シリーズ

2.分光光度計 U-3900シリーズ

3.レシオビーム分光光度計 U-5100

ご相談・お問い合わせ先

製品・サービスについてのご相談・お問い合わせは、サポート情報をご覧ください。