ページの本文へ

Hitachi

採用情報日立ハイテクフィールディング

若手社員教育プログラム

成長し続けるプロフェッショナルになるために

お客様にさまざまなサービスをご提案・ご提供している日立ハイテクフィールディングにとって、「人財」は最も重要な「財産」であり、「価値」です。そのため、当社では人財の育成に全社をあげて取り組んでいます。充実した教育プログラムにより、常に成長し続けられる環境を提供しています。

《入社1~3年目の教育プログラム》

新入社員導入教育
入社されると、教育プログラムはまず「新入社員導入教育」からスタートします。社会人としてのマナーはもちろん、日立グループの一員としての教養や社内の各種制度などについて、東京本社(虎ノ門)で学んでいただきます。
顧客対応力強化
お客様対応の際、どのようなコミュニケーションをとればよいのかについて学ぶ研修。サービスエンジニアは直接お客様と接する仕事であるため、技術力だけでなく、コミュニケーション力も問われます。
グローバル研修
将来、グローバル人財として活躍していただくための研修です。講義などはすべて英語で行われます。

技術教育

基礎技術教育
茨城県ひたちなか市の研修施設で約3カ月間行われます。数学や物理、化学、電気回路、電子回路、電工作業など、製品について学ぶ前の基礎知識を学びます。(既に学校で学ばれている内容については、復習する場となります)
技術認定レベル
サービスエンジニアの技術レベルを図る当社独自の試験です。レベル1を受験し、合格すると、サービスエンジニアのスタート地点に立ちます。
製品教育
各部門のトレーニングマシンが設置されている研修施設「サービス技術センタ」にて、配属部門の取り扱い製品について学びます。製品の原理や構造から、その製品の使用目的や使用環境などについて知識と技能を積み重ねていきます。
サービス技術センタ
サービスエンジニアの育成、技術力習得を目的とした研修施設。配属部門によって、研修場所が異なります。
つくば技術センタ

対象部門:
電子顕微鏡部、分析装置部、医用機器部

つくば技術センタ
東日本技術センタ

対象部門:
評価装置部、計測制御部

東日本技術センタ
笠戸技術センタ

対象部門:
プロセス装置部

笠戸技術センタ