Hitachi

DIVERSITY

INTERVIEW03

「来月いつ休む?」という感じでグループ内で

決めていくので有休もとりやすいです。

子育てママ社員上田 Ueda生産管理部

  1. 01これが私の仕事

    製品や部品の国内外への出荷業務を担当しており、梱包作業から輸送、配達までの手配を行なっています。急を要する出荷依頼の際は、出荷物がまだ無い状態の中で、図面などの情報から梱包仕様や輸送の計画を立て、梱包荷姿の寸法重量までを試算し、それに基づきトラックや飛行機のスペースを確保するため先行手配する必要があります。依頼通りに最短で配達できたときは、依頼元から感謝して頂きやりがいを感じます。

  2. 02家庭と仕事、生活の中で大事にしていること、心掛けていることはなんですか?

    「仕事での感情を家庭に持ち込まない」ようにしています。 仕事で気持ちが落ち込んでしまっても、保育園へのお迎えには気持ちを切り替え、笑顔で迎えてあげるようにしてます。 子供は母親の変化に敏感なので不安にさせないように気を付けています。 また頑張りすぎない、抜くとこは抜く。 息抜きも夫婦で交互にするようにしてます。

  3. 03朝と晩の過ごし方を教えてください。

    朝は5:50に起床後、朝食を作り、子供を起こして保育園に行く準備をして、家族そろって家をでます。
    夕方は、保育園に子供を迎えに行き19:00頃帰宅します。夕食を作り家族そろって食事をとり、21時頃子供を寝かせます。その後は、家事をしたり、好きなことをしてリフレッシュできる時間を過ごしています。

  4. 04仕事と子育ての両立の秘訣を教えてください。

    両立はできてはいませんが、100%はめざしていません。家事は早く起きればこなせますが、育児は時間があればこなせるわけではありません。 駄々をこねる日もあり、遅刻しそうになる時も多々。。忙しくても、毎日夕食後には、愛情を言葉にして子供と向き合う時間を作ってます。保育園のお迎えが遅くなり一番最後になってしまう日には窓からまだかな?と覗いて待っているので、残業をなるべくせず早くお迎えに行けるよう心掛けています。残業していると、上長から「早く迎えに行ってあげな~」と声かけてくれるので嬉しいです。

  5. 05産休・育休、復帰後について相談しやすいですか?職場の理解はどうですか?

    上長に妊娠の報告後、産休・育休中の業務代理対応について早々に手配して頂き、引き継ぎ時間もしっかりありましたので、安心して出産に臨めました。復帰後も職場の皆さん産休前と変わらず迎えてくれました。子供がまだ小さいので風邪等で頻繁に休むことがありますが、職場の仲間がフォローしてくれるのではとても働きやすいです。毎月「来月いつ休む?」という感じでグループ内で決めていくので有休もとりやすいです。

    これまでのキャリア
    • ・生産管理業務アシスタント (日程表作成、製品完成処理の事務や顧客先場内への作業者入場申手続き)
    • ・国内外出荷業務 ビジネスキャリア検定 ロジスティック3級取得
    • ・輸出入管理業務 安全保障輸出管理実務者検定Associate資格取得