Hitachi

PEOPLE

02

公私ともに尊敬できる魅力的な仲間。

椿 大輔

これが私の仕事

鉄道の安心安全運行を支える検測装置の設計、開発

レールやその周辺設備の異常を検査する装置の設計、開発を行っています。鉄道の進歩と共に検測装置に 求められることも増えてきている中で、現在は手動で行っている検査業務を自動化するための装置開発に携わっています。 仕様を満足させるための部品選定、設計を行い、その装置の現場実験から得られた課題に対して社内の メンバーで検討に検討を繰り返し、改善をしていきます。設計部内の人に限らず他部署の方とも関わる機会が多いので自身の視野を 拡げることができる良い環境だと感じています。様々な人と関わりながら日々の業務を進めています。

心に残るエピソード

開発から製品化まで関われること

先日、現在関わっている開発製品の現地試験に同行し、試験の報告書をお客様に提出しました。 まだまだ右も左も分からない私は、他の人よりも知識も少なく先輩方にアドバイスをもらいながら進めました。 無事お客様に報告書を提出できた時は達成感を感じました。まだ開発段階の製品ですので製品化まで気を 抜かずに進めていきたいです。自分で考え、作ったものが実際に運用され社会の進歩、発展に貢献する までを見届けることが目標であり、魅力でもあると思います。

私がこの会社を選んだ理由

公私ともに尊敬できる魅力的な仲間

社会への影響の大きい仕事がしたいという思いからインフラ事業を行っている企業を探している中で、就活サイトで見つけたのがきっかけでした。 インフラ事業といっても電力や通信、鉄道と様々ですが、自らの私生活に直結し、当たり前の存在である鉄道の安心、安全を 根本から支える技術に魅力を感じました。工場見学や面接の中で会社の雰囲気や働いている人を見て入社を決めました。 最近社内のフットサルサークルに入り、週に1度活動しています。また、会社の先輩方とマラソンに参加する予定を 立てています。ONとOFFがしっかりしてる人が多く業務以外にも充実したを日々を送ることが出来ているので 入社から1年が経とうとしていますが、この会社で良かったと思っています。

入社後成長、変化した点

「人の意見を聞く力」と「自ら発信する力」

入社後社会インフラ設計部に所属し、エレキ設計者として製品開発や既存製品の改良に携わりました。 入社当初は所属部署の先輩方にアドバイスを貰い、仕事を一つ一つ覚えながら進めていましたが、今では後輩に指導する立場になりました。先輩方や他部署の方の意見を聞くことが多かった入社当時と比べて、自ら発信して仕事を進められるように変わったと感じています。 また、技術は日々進歩しているので常に学ぶことが必要です。この3年間で身に付けた「人の意見を聞く力」と「自ら発信する力」を活かして成長を続けていきたいです。

ADVICE就職活動アドバイス

自分の専攻にとらわれず、色々な職種の人と接点を持つことで自分が何に魅かれどんな仕事がしたいのかが明確になると思います。 なにより、今後の人生の半分以上を会社で送るので実際に働いている人や会社の雰囲気を見極めて、後悔のない就職活動を送ってください。