Hitachi

PEOPLE

06

自分で考えたものが製品になる喜び

山中 大地

これが私の仕事

私たちの生活に関わっている製品の検査装置開発

私は主に、液晶パネルに使われるガラス基板の検査装置の開発設計を担当しております。
ガラス基板検査装置ではスマートフォン、デジタルサイネージ、テレビなどの需要で年々大きくなっていく基板サイズに対応することや、検査速度や検査精度の向上を目指して設計開発を行なっています。また最近では他の検査装置として、今まで我々が扱ったことのない欠陥を見つける装置の依頼をお客様から受け、その検査原理から装置へと開発することにも携わっております。

心に残るエピソード

自分で考えたものが製品に

私は大学の専攻が理学部物理学科ということもあり、ものづくりというよりは、物質のメカニズムを解明することを主に研究をしていました。
そのため、実際に自分で装置を組み立てる設計をした経験は無く、初めて三次元の部品を二次元の図面で表現することや、設計ツールのCADなどに苦戦しました。それでも自分が考えた部品が組みあがり想像していた動きをしてくれたときは、自分で創ったという実感が湧きうれしかったです。

私がこの会社を選んだ理由

世界中で活躍する様々な製品から広い視野を身につけたい

ひとつの製品だけに関わっていると、どうしても視野が狭まってしまうと考えていたため、働くときは様々な製品の開発に関わりたいと思っていました。
当社は、産業・鉄道インフラという分野で多岐に渡る製品やサービスがあり自分の視野を広げるチャンスがあると考えました。
また製品の多くを海外に出荷していることから、出張などで海外へ行く機会もあるため、世界で必要とされているものがどういったものかといった視点も広がり自分が成長するチャンスがこの会社には多くあると考え入社を決めました。

入社後成長、変化した点

相手が何を求めているか分かるようになった

最近は、お客様のサンプルを弊社の検査装置で評価し、報告することを主に行っています。最初の頃は、慣れていないこともあり、グループ内で自分の報告を理解してもらうのにも苦労していました。それでも何回か報告を行うことで、どういった情報を相手が求めているのか理解出来るようになりました。今では、海外出張の際にもお客様の前で報告をさせてもらっています。

ADVICE就職活動アドバイス

自分の勉強してきたことや志望している業種と関係ないところでも、説明会などに参加してみることで興味が湧いたり、考え方が広がったりすると思います。学んできたことがある特定の業種にしか活かせないなんてことはありません。自己分析や企業研究の深堀をする中で、自分に合った企業が見つかるはずですので、準備に時間を掛けることが成功への近道ではないでしょうか。