Hitachi

PEOPLE

04

様々な国に行ける事も仕事のだいご味!

谷中 優

これが私の仕事

社会を支える産業機器検査システムの提供

産業機器のソフトウェア設計として「仕様検討-設計-製作-テスト」までを担当しており、現在では 鉄道関連事業におけるレール軌道検測装置の設計に従事しています。 設計作業においては様々なプロセスがありますが、製品化においてはお客様のニーズに応えることが重要であるため お客様の要望を直接伺い、満足させる仕様・システムを構築していくことが必要となります。 また受注開発の試験においてはお客様と一体となって評価を行っていくこともあります。

心に残るエピソード

開発案件の製品化。専門分野ならではの貴重な体験。

日々の業務の中では、開発案件が製品化された時や製品が出荷される時に大きな達成感を感じ、 直前までの苦労感が一気に吹き飛びます。また、装置の機能などで満足頂けたと お客さまより直接コメント頂ける時も多々あり、次も良いものを製作しようというモチベーションに繫がります。 現在は鉄道事業に関わっているため、フィールド試験などを行う際に、 新幹線や地下鉄の線路を実際に歩くなど、貴重な体験ができるのも魅力の一つです。 また海外事業も多く展開しておりますので、様々な国に行ける事も仕事の醍醐味となります。

私がこの会社を選んだ理由

社会に貢献する先端技術保有。適正がきっと見つかる様々な事業分野。

鉄道・ハードディスク・液晶・インクジェットプリンタなどの様々な分野へ事業を展開しており、 社会へ広く貢献していること、それを継続していく力があると感じこの会社を選びました。 また大学で学んだ知識を活かしつつ、新しい事にもチャレンジしたいとの思いもあり、担当業務は別分野を希望しました。 他にも、日立グループであるため教育制度や福利厚生なども充実しているところも魅力の一つでした。

入社後成長、変化した点

諦めずに挑戦し続ける力が身につきました。

産業機器の設計・開発が主な業務であり、一つの製品をチームで作り上げていきます。
チームでは若手の意見も尊重されるため、自身の考えをしっかりと持つようになりました。また、開発段階では失敗が多々あります。発生した問題に対する解決へのアプローチが大切であり、諦めずに挑戦し続ける力が身につきました。
社会ではステークホルダーとの共創が重要であり、当社では特に多様性に富んでいるため、コミュニケーション力が自然と培われます。海外出張もあり、いつの間にか一人で海外旅行に行くようにもなりました。
我々が提供する装置は一般に使用されるものではありませんが、社会への貢献度は非常に高いため、自分の仕事に対して自信を持って取り組むことができています。

ADVICE就職活動アドバイス

どんな会社が良いか悩んだり、周りが先に内定が決まっていくと焦る気持ちになるかと思いますが、 しっかりと就職活動を続けていけば、自身に合った会社がきっと見つかります。 特定の分野に捉われずに、自身がやりたいこと、興味のあることを行っている企業の説明会に行ってみるのも 良いかと思います。