ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクファインシステムズ

産業用UVインクジェットプリンタ

  • 特徴あるUVインク、インクジェットヘッドと最先端の自動化設備技術を融合させた高精度・高効率な産業用インクジェットプリントシステムを開発。新たに、RtoRフィルム印刷機を製品ラインアップし、シームレス(連続)印刷にも対応。建装材、インテリア、自動車内装部品等の産業分野のお客様に新たな価値を提供します。
  • お客様の個別ニーズに合わせカスタマイズしたインクジェットシステムの開発・製造、およびアフターサポートを含めたトータルソリューションを提供します。

産業用UVインクジェットプリントシステム UJ1100

IJP印刷工法のソリューション

これまで実現できなかった付加価値ある新製品の開発に寄与します

  • デジタル処理による多種多様な印刷が可能です (テクスチャースタイル、質感など)
  • オンデマンド化:版代や版の管理が不要であるため、多品種小ロット生産に適しています
  • 品質安定性:デジタル印刷であるため、条件が数値化でき、品質管理が容易にできます
  • 高生産性:UV硬化プロセスにより乾燥時間が不要となるため、生産性が向上します
  • 環境負荷低減:VOC(揮発性有機化合物)レスであるため、溶剤インクに比べ環境にやさしいインクです

システムの特長

インクジェットヘッドとインクの特長を最大化するチューニングが可能
インク液滴サイズ、吐出量をコントロールし粒状度を改善
インク、インクジェットヘッドを含めたトータルシステム
ステージサイズ、生産タクトを考慮したヘッド配列数のカスタマイズ対応
印刷対象物の装置への自動供給・取出機能による拡張性、生産性他個別対応
またインライン化対応
信頼性向上
クリーン化技術をベースに低発塵設計
安全性向上
装置の状態管理、様々な安全インターロックを実現
生産性向上
自動化、ロボット保有技術での省力化設備対応へのカスタマイズ設計


▲住宅用建装材
(システムキッチン、フローリング、壁パネル)


▲オフィス パーテーション

▲自動車用インパネ

UV硬化インクの特長

内装品に使用可能なUV硬化型インク
延伸・・・硬化膜が伸びる為、3次元形状への印刷フィルム貼りに適しています
密着・・・ポリカーボネート、ガラス、その他さまざまな基材においてインクの密着性が優れています
用途:3次元形状品や内装品への印刷フィルム貼り、ロゴ印刷、積層(2.5D)印刷による高級感アップ、テクスチャースタイル

1.硬化膜が延びる


延伸率(%)≒〔{Lc(破断時の標線間距離)-Lo(初期の
標線間距離)} / Lo〕×100

2.延伸と硬度を両立

3.対応基材種(高密着性)

クロスカット試験合格(100/100)となる基材種

*1
ポリカーボネート
*2
ポリメタクリル酸メチル
*3
アクリロニトリル、ブタジエン、
スチレン共重合合成樹脂の総称

4.トップコートインク(CL)

表面コーティング、表面の保護、光沢感付与、塗装
からの置換え用でトップコートインク(CL)を開発済

*
その他インクの耐候性、耐熱性、耐湿性など評価中
*
インク、ヘッドは(株)リコー製