Hitachi

1 レール(軌道)検測

レールのゆがみを確実に検知

快適な乗り心地は滑らかなレールから

  • レール(軌道)に高低差やうねりが発生すると、列車の乗り心地が悪くなり、脱線などの重大な事故にもつながるため、補修を行う必要があります。
    当社の軌道検測装置は、レールの高低·通り·軌間の計測や、多彩なオプション機能を備えています。

安全走行を維持するための検測項目

レールは車両が走行する際の大きな荷重や衝撃にさらされており、安全走行を維持するために定期的に検測し修復を繰り返します。当社装置の検測項目は「高低差」「通り(左右方向のずれ)」「軌間(レール幅)」「水準(左右レール高低差)」「平面性(ねじれ)」があり、すべて鉄道事業者の管理基準に準じています。

高低差:上下方向のずれ

通り:左右方向のずれ

軌間:レール間隔のずれ

水準:左右レールの上下方向のずれ

平面性:軌道面のねじれ
(一定距離間離れた2点間の水準の差)

軌道検測装置製品紹介

「ねじれ」や「ゆがみ」といったレールの異常を検知し、早期修復と、脱線などの事故防止に貢献。滑らかな軌道を保ち、乗り心地の向上にもつなげます

装置の大幅な小型化を実現した慣性正矢方式検測装置

慣性測定方式を用いてジャイロとレーザ変位計により
レール偏位を測定する検測装置です。

特徴

専用の検測車だけでなく、営業車にも搭載が可能

帯状レーザ光によりレール偏位とプロファイルが検測可能2次元レーザ変位計方式検測装置

帯状に広げられたレーザ光が、対象物の表面で拡散反射し、その反射光をセンサ上に結像させ、位置·形状の変化を検出することで偏位、形状を測定します。

特徴

レール断面形状をプロファイル(輪郭)化が可能

異常要因の判別などに活用することが可能

リアルタイムの高速対応光式偏位検出器方式検測装置

光切断法を用い、光帯に対して直行に結像する素子により
レール偏位を測定します。

特徴

リアルタイム処理に優れ高速対応が実現可能

様々なタイプの検測車での実績

二つのレーザ光のデータと自動調整ミラーの角度からレールの位置を計算。

線ではなく面の光を当て、断面を丸ごと記録。

■オプション
帯状レーザによるレールプロファイル(断面図上)検測など、
多彩なオプションに対応可能です。

装置の中からレーザを照射し、レールで反射した光線から歪みを検出。