Hitachi

2 トロリ線(架線)検測

敷設の変化を
見逃さず
健全な走行を維持

異常摩耗や損傷を早期発見

  • 敷設に変化が発生すると、トロリ線で異常摩耗が起きたりパンタグラフに損傷を与え、安定走行の妨げになります。架線検測装置は、トロリ線の摩耗·偏位·高さを高速かつ高精度で検測し、検測中にリアルタイムで表示します。また、その他様々なオプション機能をご用意しております。

架線検測装置の検査項目

トロリ線(架線)はパンタグラフの摩耗を考慮しジグザグに設置されているため、広範囲に検測する必要があります。当社製品は、「トロリ線表面の摩耗(残存直径)」「トロリ線の位置(偏位と高さ)」を走行しながら検出。その他オプションとして「パンタ加速度(衝撃)」「周辺機器の異常」などの検測についても実績があります。

摩耗:トロリ線のジグザグ偏位

摩耗:トロリ線の残存直径

位置:トロリ線の偏位と高さ

架線検測装置製品紹介

車両に電力を供給する架線は、車両のパンタグラフに損傷を与えることも。架線の摩耗や損傷、高さといった変化を検知し、安定走行に寄与します。

昼夜を問わず高速高精度でリアルタイム検測非接触式 検測装置

トロリ線の摩耗状態、偏位位置及びレール面からの高さなどを、昼夜間に連続測定する装置です。測定中リアルタイムに検測データを表示すると同時に、画像データと合わせて記録媒体に保存します。

特徴

非接触検出技術により高速高精度検測を実現

高い耐震性と、耐環境性能

リアルタイム処理によって検測結果をタイムリーに確認可能

営業車にも搭載可能

快適で安定した操作性でリアルタイム検測に対応接触式(多眼式)検測装置

保守用車や軌陸車に搭載しトロリ線の摩耗状態、偏位、レール面からの高さ、パンタグラフの衝撃加速度などを走行しながら連続検測する装置です。

特徴

4tダブルキャビン車を採用し、豊富な納入実績に基づく快適な操作性

接触式高精細センサカメラ方式による安定性

リアルタイム処理によって検測結果をタイムリーに確認可能

解析

レール(軌道)検測もトロリ線(架線)検測も、検測装置(車上)から取り出した検測データを地上システム(PC)に取り込むことにより、検測データの分析管理が可能です。

複数のミラーで反射された光線をセンサーが感知して計算。

独自の光学系により周囲の影響を受けにくく安定した性能

この部分を架線に接触させ、情報を収集。