ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクファインシステムズ

1966年にはじめて在来線の軌道検測装置を製品化し、その後1973年には在来線の架線検測装置、1974年には新幹線用の総合検測車(ドクターイエロー)向け軌道・架線検測装置を次々に製品化しました。
今では安全運行や乗り心地の向上に向け、様々な路線で私たちの装置が活躍しており、国内では幅広く採用頂いております。
また、軌道や架線の検査だけではなく、周辺設備の検査装置にも取り組んでおりお客様の幅広いニーズにお応えしています。