ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテク九州

2016年10月4日

株式会社日立ハイテク九州(取締役社長:佐藤 剛/以下、日立ハイテク九州)は、茨城県ひたちなか市に位置する、日立ハイテクノロジーズ 那珂地区の製造BCP拠点*として、2012年11月に、福岡県大牟田市でバイオ・メディカル分野に特化した生産活動を開始しました。そして、2016年9月1日、その製造に関するBCP拠点機能に加え、那珂地区から一部の設計開発機能を移管し、日立ハイテクグループ全体における医用及びバイオ関連機器の生産能力拡充と、さらなる事業効率向上の一環として、日立ハイテク九州を設立し、その約1ヵ月後の10月4日(火)に、日立ハイテク九州の設立記念式典を開催いたしました。

式典に先立ち、日立ハイテク九州(福岡県大牟田市手鎌)において、内覧会を開催いたしました。内覧会では、大牟田市の中尾市長をはじめ多くの方にご参列頂き、関係の方々により華々しくテープカットを行いました。その後、免疫自動分析装置の製造職場をご視察頂きました。

内覧会終了後、市内の「ホテルニューガイア オームタガーデン」において式典を開催いたしました。式典では、ご来賓の大牟田市の中尾市長、福岡県商工部の小島部長、大牟田商工会議所の永松副会頭より、ご挨拶を頂きました。会社の紹介映像も披露され、式典は盛会のうちに終了いたしました。

なお、10月1日に日立ハイテクの100%子会社である株式会社日立ハイテクマニファクチャ&サービス(取締役社長:高根 淳)より、日立ハイテク九州にバイオ・メディカル事業の一部が譲渡され、今後日立ハイテク九州において、同事業におけるスピーディな製品開発と技術開発力の強化を推進してまいります。また、ライフサイエンス分野におけるイノベイティブな製品開発・製造を追求し、世界のお客様から信頼されるモノづくりをめざします。

* BCP(Business Continuity Plan):事業継続計画


関係者によるテープカット(内覧会)


佐藤取締役社長による挨拶(設立記念式典)

報道機関お問い合わせ先

管理部:眞壁、新田  TEL:0944-56-8520