ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクサイエンス

日本分析化学会関東支部 第60回機器分析講習会のご案内

第4コース:「環境規制に関する分析手法~RoHS規制、工場排水、土壌汚染~」

2020年1月7日

 環境規制に関する分析法の国際規格、国内規格は日々改正が行われています。RoHS指令におけるフタル酸エステル類の、迅速なスクリーニングの国際規格については、新たにFT-IR、液体クロマトグラフィー(薄層クロマトグラフィー含む)TD-MS等の分析手法などが検討され、より簡便・迅速な環境規制の分析手法が求められております。そして、国内の環境規制の規格については工場排水試験方法(JIS K 0102:2019)の追補1において、近年の省力化、低コスト及び低環境負荷のための新技術並びに各種の測定機器を取り入れることによって、規格利用者の利便性の向上を図っています。また、土壌汚染対策法の改正にあたり、土壌含有量・土壌溶出量調査に係る測定方法については、土壌汚染状態をより適切に判断できるような改正になっております。本講習会では環境規制の最新の情報をご紹介すると共に,受講生が実際に数種の分析機器(FT-IR、薄層クロマトグラフィー、液体クロマトグラフィー、TD-MS、GC-MS、ICP発光分光分析、蛍光X線分析、分光分析)を体得できるような内容となっております。

開催概要

会期

2020年3月12日(木)~3月13日(金)

会場

株式会社日立ハイテクサイエンス
サイエンスソリューションラボ東京
東京都中央区新富2-15-5 RBM築地ビル
TEL:03-6280-0068

主催

日本分析化学会関東支部

募集人員

40名
講義のみも可(定員になり次第締め切ります)

受講料

テキスト代、昼食代、消費税を含む
会員(共催学会会員を含む)35,000円、
会員外40,000円。
講義のみ
会員20,000円、会員外25,000円。
  • * 参加費の払い戻しは致しませんので、あらかじめご了承ください。

申込方法

問い合わせ先

講習会全般について
〒141-0031 東京都品川区西五反田1-26-2
五反田サンハイツ304号
公益社団法人 日本分析化学会
関東支部機器分析講習会係
電話:03-3490-3352
講習会内容について
株式会社日立ハイテクサイエンス 並木
TEL:03-6280-0068

プログラム

日程

日程
第1日 <講義>10時00分~17時15分
<技術交流会>17時30分~19時00分
第2日 <実習>9時30分~16時30分

講義

  1. 「IEC 62321の最新動向と各規制物質のスクリーニング手法」
    ((株)東芝)佐藤友香
  2. 「IEC 62321-6,8を中心とした臭素系難燃剤とフタル酸エステル類の詳細分析」
    ((国研)産業技術総合研究所)松山重論
  3. 「フタル酸エステル類の移行の検討と分析について」
    ((地独)東京都立産業技術研究センター)平井和彦
  4. 「六価クロムの分析事例と標準物質の紹介」
    ((地独)神奈川県立産業技術総合研究所) 坂尾昇治・乾哲朗
  5. 「JIS K 0102工場排水試験方法改正の最新動向」
    ((一社)産業環境管理協会)大野香代
  6. 「土壌汚染対策法の改正と土壌試験法の概要」
    ((株)日立産機ドライブ・ソリューションズ)津上昌平
  • * 講演の順番については変更の可能性があります。

実習

(1) フタル酸エステル類のスクリーニング手法および詳細分析

フタル酸エステル類のスクリーニング手法としては、固体試料を直接分析するFT-IR、Py/TD-GC-MS、TD-MSよる測定および溶媒抽出-薄層クロマトグラフィー・高速液体クロマトグラフィー。詳細分析についてはソッスクスレー溶媒抽出GC-MSの測定を行う。

(2) RoHS指令対象試料の種々の前処理と詳細分析

固体試料を酸分解またはマイクロ波分解し、試料に含まれるCd,Pb,Cr,Hgの規制物質をICP発光分光分析する。Cr(Ⅵ)についてはクロムメッキ試料からCr(Ⅵ)を選択的に溶出させ、分光光度計を用いジフェニルカルバジド法で測定する。

(3) 蛍光X線分析を用いたスクリーニング方法

蛍光X線分析法によるスクリーニング分析について実習し、規制物質の含有の有無を把握する。基礎的なデータの管理からマッピング分析、鉛フリーはんだや無電解ニッケルなどめっき皮膜中の規制物質測定などについての応用手法を行う。

(4) 工場排水試験法における固相抽出方法

工場排水中の規制元素(Cd,Pb)をキレート固相抽出カラムに捕捉、濃縮し、Cd,Pbを液相から抽出し、原子吸光光度計を用い定量を行う。固相抽出の原理、抽出操作、他の元素の捕捉率等を解説する。