ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクサイエンス

固体分光測定のエキスパート、U-4100形がさらなる進化を遂げました。

総出荷台数1,500台以上*1の実績を誇る日立分光光度計U-4100形の信頼性はそのまま、UH4150形がここに誕生しました。

価格:¥7,400,000~(本体のみ)

取扱会社:株式会社 日立ハイテクサイエンス

特長

検出器切り替え段差が少なく、切り替え付近の波長でも、より正確な測定が可能

紫外可視域~近赤外域に渡る広範囲の測定波長に対応するため、複数の検知器を積分球に搭載しています。
UH4150形は元来培ってきた積分球構造のノウハウ、信号処理技術などにより、検出器切り替え時に生じる測光値の差(切り替え段差)を最小限に抑えています。


検知器切り替え波長付近の測定例
(金ナノロッドの吸収スペクトル)

自信のプリズムグレーティングダブルモノクロメータにより、低迷光、低偏光特性を両立

UH4150形はU-4100形の定評ある光学系を継承し、プリズム‐グレーティング(PG)のダブルモノクロ方式を採用しています。プリズム‐グレーティング(PG)方式は、一般的なグレーティング‐グレーティング(GG)方式の分光光度計に比べ、S偏光およびP偏光において光量の急峻な変化が少ないため、低透過・反射測定においてもノイズの少ない測定を提供します。

平行光束により、反射光、散乱光もより正確に測定可能

固体試料の正反射を測定する場合、入射角が重要となります。集光光束の場合、レンズの焦点距離などによって、入射角は一様ではありません。これでは、誘電体多層膜や プリズムなどの光学薄膜設計をした際のシミュレーション値と、実際の測定値との 差異が生じる要因となりかねません。
平行光束の場合、入射角は試料に対して一様となり、精度の高い正反射測定が可能となります。その他、平行光束は、拡散性の評価(ヘーズ)、レンズの透過率測定にも有効です。


正反射測定の例

豊富な検知器をラインアップ、目的に応じた検知器の選択が可能

材質、サイズ、形状の異なる8種類の積分球をラインアップしています2。
付属装置の詳細は、お問い合わせください。


検知器ラインアップ

人間工学に基づく新デザインを採用

試料室開閉蓋の改良に加え、作業性の向上を図りました。
試料や付属装置の交換などを想定し、人間工学に基づくデザインを採用しました。

U-4100形で培われたお客さまのさまざまなニーズに対応する付属装置が使用可能

U-4100形の付属装置との共通化を図りました。
従来、ご利用の付属装置をUH4150形でも使用することができます3。付属装置は着脱・交換可能のため、測定のバリエーションを広げることが可能です。

U-4100形と比較してさらなるハイスループット化を達成

定評のあるU-4100形の光学系をそのままに、よりハイスループットな測定が可能になりました。従来、1 nmのデータ間隔で測定するためにはスキャンスピード600 nm/minに設定する必要がありました。UH4150形では、データ取り込み方式の改良により、これまでの倍の1,200 nm/minで同様のデータ取得が可能となり、測定時間の短縮を実現しました4。
下図に示す240~2,600 nmの範囲の測定が約2分で可能となります。紫外・可視・近赤外領域の測定を必要とする遮熱部材の測定などに有効です。


600 nm/minにおける遮熱部材の
反射スペクトル


1,200 nm/minにおける遮熱部材の
反射スペクトル

*1
:2014年12月現在、U-4000形・U-4100形分光光度計
*2
:UH4150形本体には検知器が付属されていません。測定のためには、いずれかの検知器が必要です。また、装置本体の校正・性能確認のためには、いずれかのΦ 60積分球もしくは直入射検知器が必要です。
*3
:一部の付属装置を除きます。検知器関係の付属装置はケーブル等の交換、または改造が必要です。
*4
:試料特性、測定目的によっては適さないことがあります。状況に応じて、適切な測定条件に設定してください。。
*
検知器を、 Φ 150 mm標準積分球(光トラップ付き)、 Φ 150 mm高感度積分球(光トラップ付き)、角度可変絶対反射付属装置(任意角度)、微小対応角度可変絶対反射付属装置(任意角度)をご選択の場合の仕様は、別途お問い合わせください。
*
掲載のデータは測定例を示すもので、数値の保証をするものではありません。
*
スペクトラロン®(Spectralon®)は、米国Labspere.Inc.の登録商標です。

仕様

項目標準積分球タイプ直入射タイプ高感度積分球タイプ
検出器
光電子増倍管(UV-VIS)、
冷却形PbS(NIR)
積分球内面塗布:BaSO4

Φ60 mm標準積分球
…4穴/反射試料入射角
…試料側、対照側とも10°
Φ60 mm標準積分球
…4穴/反射試料入射角
…試料側8°、対照側0°
Φ60 mm標準全球積分球
…2穴
直入射検知器 積分球内面塗布:スペクトラロン®
Φ60 mm反射対応高感度積分球
…入射角:試料側8°、対照側0°
Φ60高感度全球積分球…2穴
設定可能波長範囲 175~3,300 nm
分光器 プリズム・グレーティング形、ダブルモノクロメータ、プリモノクロ:プリズム使用のリトロー分光器、
メインモノクロ:回折格子(回折格子2枚切り替え)のツェルニターナ形分光器
データ処理部 PC:OS Windows® 7 Professional (32bit または64bit)
使用温度 15~35℃
使用湿度 25~80%(結露しないこと、30℃以上では70%以下)
大きさ 900(W)×760(D)×1,180(H)(mm)

測定用途にあわせた検知器選択例

全反射測定用途
(Φ60標準積分球(全反射測定用))

240 nm~2,600 nmの波長範囲における全反射の測定が可能です。
別途付属装置を用いることで、透過や正反射の測定ができます。

高感度測定用途
(Φ60反射対応高感度積分球)

190 nm~2,600 nmの波長範囲における全反射・拡散反射の測定が可能です。標準積分球と比較して低ノイズ測定ができます。
別途付属装置を用いることで、透過や正反射の測定ができます。

液体試料測定用途
(直入射検知器)

185 nm~3,300 nmの波長範囲における液体試料の吸光度測定が可能です。別途付属装置を用いることで、固体試料の透過や正反射(相対)の測定ができます。積分球検出器と比較して低ノイズ測定ができます。

測定例

微小試料の透過率測定

微小サンプル透過率測定システムにより微小ガラス片、ピックアップレンズなどの微小な試料の透過率測定が可能です。


各種ピックアップレンズの測定例

微小サンプル透過測定付属装置

仕様
マスク種類測定可能試料サイズ
Φ3 mmマスク
(標準付属)
Φ5~Φ20
厚さ3 mm以下
1 mmマスク
(オプション)
Φ3~Φ20
厚さ3 mm以下
*
光源マスクを付属の光源マスクΦ4 mmに交換する必要があります。

拡散反射率測定

積分球(試料側角度0°)の背面に試料を設置することにより、粉末試料などの拡散反射率測定が行えます。


酸化チタンの拡散反射率の測定例

Φ60標準積分球
(全反射拡散反射共用)

仕様
入射角
波長範囲 240~2,600 nm

アプリケーションデータ

分光光度計(UV-Vis/NIR)の測定例を紹介します。

分光光度計基礎講座

「紫外・可視分光光度計で何ができる?」から「分光光度計の仕組み」まで、知っておきたい分光光度計の基礎を紹介します。

保守・サービス

装置の保守・サービス会社のご案内です。

関連製品