ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクサイエンス

微量水分測定装置 AQ-2260

レポート作成などのデータ処理が簡単に

Windows搭載のシステムマネージャを採用。 Excel、Wordも標準付属で、レポート作成などのデータ処理が簡単です。 電量法+電量法、電量法+容量法の2チャンネル同時測定に対応可能。 さらに、3種の電解セルも用意し、試薬の使用量にもこだわりました。

オンラインでのご相談

価格 ¥1,490,000~

取扱会社:株式会社 日立ハイテクサイエンス
製造:株式会社HIRANUMA

特長

デスクトップパソコン構成

OSにはWindows 10 Proを採用。
ワープロ/表計算ソフトを搭載しているので報告書作成に便利です。
17インチ液晶モニタやA4カラープリンタを標準装備し、使い慣れたパソコン環境で測定できます。
ノートパソコンへの変更も可能です(オプション)。

画像:測定結果画面
測定結果画面

同時測定が可能

電量法または容量法のユニットを増設でき、2台同時測定をすることも可能です。増設ユニットに加熱気化装置を接続することもできます。

画像:電量法と容量法の同時測定例
電量法と容量法の同時測定例

Part11やDIへの対応が可能

Part11対応支援ユニット(オプション)を追加することで、FDA Part11やDI(データインテグリティ)に対応した仕様にできます。

  • Windowsのログインアカウントを滴定装置のアカウントに
  • ログアウト機能
  • 電子記録の保護(バックアップ)
  • 監査証跡(Audit Trail)
  • システムバリデーションの実施

画像:監査証跡(操作来歴)
監査証跡(操作来歴)

3色LEDによる状態表示

離れた場所から稼働状態を確認することができます。
突発的なトラブルにもすぐ気づくことができます。

回転速度を40段階で設定可能

手動で細かく設定した速度が、LEDバー表示により見やすく、わかりやすくなりました。(1目盛4段階)

動作状態を2色LED表示

離れた場所から稼働状態が確認できます。

低ランニングコストの一室電解セル

  • 対極液と隔膜が不要。省試薬・省廃液・低ランニングコストです。 
  • 電解セルの構造が簡単なので、 メンテナンスが容易です。
  • さらに少容量一室電解セルでは、ブランク消去が迅速(約1/2短縮)です。
  • 独自技術で一室電解セルでも気化装置が使用できます。
  • ※ 試料によっては、測定できないものもあります。
  • ※ 発生液アクアライトGは使用できません。

手動給排ユニット

手動ポンプで、試薬の供給と排出が行えます。

  • ※ 二室電解セル/一室電解セルはドレインコック付きの構成もあります。その場合、手動給排ユニットは付属しません。

仕様

仕様表
滴定方式 カールフィッシャー電量滴定方式
同時測定機能 同時に2種類の水分測定が可能 (タイトステーション増設にて)
滴定制御方式 定電流電解、および終点付近のみ断続電解
終点検出方式 交流分極電位差検出方式
測定範囲 5μgH20~300mgH2O
バックグラウンド補正 自動補正(補正有無の設定が可能)
測定精度 CV 0.3%以内(1mgH2O/mLの水-メタノール約1gを10回測定したとき)
表示単位 μgH2O、ppm、%
計算機能 濃度計算、再計算、統計計算
GLP対応機能 (1)電極管理
   1.発生液の総電解量、交換日および交換アラーム
   2.対極液の総電解量、交換日および交換アラーム
   3.イオン交換膜の交換日
   4.指示電極の交換日
(2)測定精度試験
電源 AC100V±10% 50/60Hz 約200VA (※)
大きさ・重さ 1480W×600D×400H(mm)  約18kg (※)
  (※)システムマネージャとして使用するパソコン、ディスプレイ、およびプリンタ等は、予告なく仕様の変更をさせていただく場合がありますので、消費電力、大きさ・重さは参考値とさせていただきます。

特別付属品 (オプション)

  • 電量水分測定増設ユニット TQ-3000S/F/E (K-3000Aスターラ付)
  • 容量水分測定増設ユニット TQV-3000S/E (K-3000Aスターラ付)
  • 水分気化装置 EV-2000
  • 潤滑油用水分気化装置 EV-2000L
  • 自動加熱水分気化装置 EV-2010
  • 自動加熱水分気化装置 SE-320
  • 自動潤滑油水分気化装置 LE-320

アプリケーションデータ

水分測定装置の測定例を紹介します。

保守・サービス

装置の保守・サービス会社のご案内です。