ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクサイエンス

リン酸-フェニルヒドラジン法は、糖をカラムで分離した後、リン酸-フェニルヒドラジン試薬と反応させて、蛍光誘導体化後検出します。蛍光誘導体化により、糖を選択的かつ高感度に検出することができます。また、グラジエント溶出法も利用できるため、多成分一斉分析が可能です。

*:
Chromasterは、株式会社日立ハイテクノロジーズの日本およびその他の国における登録商標です。

価格: お問い合わせください

価格:お問い合わせください

取扱会社:株式会社 日立ハイテクサイエンス

特長

さまざまな糖を検出可能

リン酸-フェニルヒドラジン法では、糖ペプチド・配糖体や、非還元糖のSucroseなども検出可能です。

*
すべての糖の検出を保証するものではありません。

選択性の高い分析法

ポストカラム法により、夾雑物の多い試料でも妨害を受けにくい、精度の高い分析が可能です。

高感度と高分離を実現

蛍光誘導体化により、RI検出法と比べて高感度な測定が可能です。また、グラジエント溶出法を使用できるため、高分離分析を実現します。

<主な装置構成>
Chromaster 5110 ポンプ×2、5210 オートサンプラ(サーモスタット付き)、5310 カラムオーブン、5440 蛍光検出器、5510 反応ユニット、糖分析キット、カラム

*
詳細については、お問い合わせください。

糖(リン酸-フェニルヒドラジン)ポストカラム法

標準試料の測定例

ビール中の糖の測定例

アプリケーションデータ

液体クロマトグラフ(HPLC)の測定例を分野別に紹介します。

HPLC基礎講座

「HPLCの原理とシステム構成」から「各種検出法の特長」まで、知っておきたいHPLCの基礎を紹介します。

UHPLC開発 -そのこだわりの世界-

日立UHPLCの開発設計に従事した3名の技術者へのインタビューを紹介します。

UHPLC ChromasterUltra® Rs 測定例

ChromasterUltra® Rs による最新のアプリケーションを紹介します。

保守・サービス

装置の保守・サービス会社のご案内です。

 

関連製品

加熱脱離質量分析計 HM1000A

卓上顕微鏡| Miniscope TM4000/TM3030Plus/TM3030 スペシャルサイト

日立コンビニラボ