ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクサイエンス

環境規制物質管理に対応し、高速かつ簡単に有害物質を検査できる蛍光X線分析装置です。測定の高速化と材料判定などの各種新機能により検査効率を大きく向上しました。膜厚測定や貴金属分析などの一般分析にも対応可能です。

価格 ¥9,000,000~

取扱会社:株式会社 日立ハイテクサイエンス

特長

1. 高速測定

従来機のSEA1000AⅡと比較して、1検体あたりの測定時間*が、樹脂サンプルは約1/3に、金属の場合は約1/10以下に短縮されます。スループット(1日に処理できる検体数)の飛躍的な向上を実現します。

 プラスチック中Cd,Pb,Hg,Br,Cr高濃度BrSbプラスチック中Cd,Pb,Hg,Cr真鍮中Cd,Pb,Hg,Br,Cr
EA1000VX 約30秒 120秒以内 200秒以内
SEA1000AII 約100秒 360秒以内 2000秒以上

表.1 EA1000VXとSEA1000AIIのサンプル測定時間(平均値)

*
Cdは20ppm,それ以外の元素は100ppmの検出下限を実現するのに必要なトータル測定時間(弊社推奨条件で実施)

2. 高計数率検出器 (Vortex)

液体窒素不要で、最大15万cpsの高計数率検出器 (Vortex) により高感度化をはかり、高速測定や高精度測定を実現しています。

3. 環境規制物質測定ソフトウエアVer.2の様々な新機能により有害物質測定機能を強化-材料判定機能

測定開始からわずかな時間で測定試料の材質種別を判定できます。従来は、測定前に分析レシピを選択する必要がありましたが、材質を装置が自動判定するため、分析レシピの選択で迷いません。

4. 操作性の向上 -操作パネル-

操作パネルのインジケータや電子音により、測定の進行状態をお知らせします。測定パネルのプログレスバーにより、測定の進捗を把握できます。

5. 様々な環境規制用の標準物質

RoHS指令の管理対象元素(Cd,Pb,Cr,Hg,Br)以外にも、塩素(Cl)をはじめ、アンチモン(Sb)やスズ(Sn)などの管理に対応した標準物質を自社で開発・製造しています。

6. サンプルチェンジャ(オプション)

最大12試料の連続測定が可能なサンプルチェンジャを搭載しています。

7. 環境規制物質測定ソフトウエアVer.2によるデータ集中管理やトレンド管理

精度管理ソフトウェアによる測定時間短縮化はもちろん、データベースを用いた拠点内測定データの集中管理(検索・閲覧・解析・編集・印刷・レポート作成)により、検査の効率化をはかり、コスト削減につなげます。

仕様

測定元素 原子番号Al(13)~U(92)
試料形態 液体・粉体・固体
線源 小型空冷式X線管球
管電圧50(可変)kV
管電流10~1000µA
X線照射向き 下面垂直照射型
検出器 Vortex(SDD検出器) ※液化窒素不要
分析領域 1、3、5 mmφ(自動切替え)
試料観察 カラーCCDカメラ
フィルタ 5モード自動切替え
最大試料サイズ 370(W)×320(D)×120(H) mm
装置寸法 520(W)×600(D)×445(H) mm
重量 60 kg
電源/消費電力 AC100~240V(50/60Hz)/210VA
サンプルチェンジャ 装置可能 ※オプション

オプション

  • 薄膜FPソフトウェア
  • 薄膜検量線ソフトウェア
  • スペクトルマッチング(登録した標準物質のスペクトルとの比較)
  • 環境規制物質測定ソフトウェア Ver.1
  • 各種標準物質(各種環境規制用標準物質、鉛フリーはんだ標準物質、鉛フリーはんだ箔標準物質)
  • シグナルタワー

アプリケーションデータ

蛍光X線分析の分析事例を紹介します。ID登録されていない方は新規登録が必要です。

原理解説

蛍光X線分析の原理と応用例をご紹介しております。

蛍光X線分析装置6つの特長

環境指令への対応をサポートする専用装置の特徴をご紹介します。

コラム

蛍光X線分析の技術をコラムにまとめています。

参考文献・発表リスト

蛍光X線分析についての参考文献・発表をまとめています。

環境規制

環境規制と日立ハイテクサイエンスの製品・サービス

標準物質試験所

ISO/IEC17025認定試験所のご紹介です。

保守・サービス

装置の保守・サービス会社のご案内です。