ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクサイエンス

蛍光X線分析装置 エレメントモニタ EA1200VX

1台でRoHS/ELV対応のスクリーニングから高度な分析までをカバーできる蛍光X線分析装置です。高感度・高分解能、さらに高計数率を独自開発で実現した蛍光X線検出器「Vortex®」を搭載しています。これにより飛躍的な感度の向上を実現しました。また、精度管理型ソフトとの併用で、測定時間を最大1/30に短縮できます。

LN2レス 下面照射 DPD 管理ソフト 一般分析 RoHS

価格 ¥10,000,000~

取扱会社:株式会社 日立ハイテクサイエンス

特長

1. 高速分析(高感度)を実現

日立ハイテクサイエンス独自の「高計数率検出器」と「精度管理型ソフト」のコンビネーションで、測定時間を大幅に短縮できます。従来機と比較して平均1/10の時間短縮が可能です。

2. 液化窒素不要の高計数率検出器搭載

液化窒素が不要の15万cpsの高計数率検出器(Vortex®)を搭載して、従来の液化窒素を使用する検出器をはるかに凌駕する感度と分解能特性が得られます。

3. 更なる時間短縮ユニフィルタ(オプション)

1枚の複合フィルタでRoHS対象の5元素を一度に測定することができるようになりました。測定時間の早いEA1200VXがさらに時間の短縮を実現できます。

4. 幅広いアプリケーションに対応

真空雰囲気下での測定が可能なため、Na~Uまでの測定が可能です(軽元素対応オプション)。塩素の高感度測定にも対応しています。

5. 微小部分析

1 mmΦX線ビームにより、プリント基板などの任意の微小部分の定性・定量を行うことができます。

6. サンプルチェンジャ(オプション)

最大12個の試料が連続で測定できるサンプルチェンジャ仕様にするだけで、異なる測定条件の試料の連続測定が可能です。もちろん、最大430 x 320 mmの大型試料もそのまま置くだけで測定が可能です。

仕様

測定元素 原子番号Na(11)~U(92) ※真空オプション
試料形態 液体・粉体・固体
線源 小型空冷式X線管球(Rh or Wターゲット)
管電圧50(可変)kV
管電流10~1000µA
X線照射向き 下面斜方照射型
検出器 Vortex(SDD検出器) ※液化窒素不要
分析領域 1、3、8 mmφ (3 mmφオプション)(自動切換え)
試料観察 カラーCCDカメラ
フィルタ 5モード自動切替え
最大試料サイズ 430(W)×320(D)×195(H) mm
239(W)×280(D)×66(H) mm(真空測定時)
装置寸法 580(W)×650(D)×513(H) mm
重量 95 kg
電源/消費電力 AC100V~240V(50/60Hz)/210VA
サンプルチェンジャ 装着可能 ※オプション

オプション

  • 環境規制物質測定ソフトウェアVer.2
  • スペクトルマッチングソフト(材料判別)
  • 薄膜検量線ソフト
  • サンプルチェンジャ
  • 分析領域: 3 mmφ
  • 真空ポンプ(軽元素対応)
  • 各種標準(金属薄膜用、環境規制物質用)
  • ユニフィルタ

関連データ

精度管理ソフトの仕組み

測定値の精度(ばらつき)は試料によって変わるものですが、従来はあらかじめ測定時間を決めて測定していました。このため試料によっては十分な精度が確保されているにもかかわらず、測定終了までの無駄時間が発生したり、逆に設定された時間では十分な精度が得られない場合もありました。 本ソフトではあらかじめ許容するばらつきを設定し、その値よりも測定ばらつきが小さくなったときに自分で測定を終了します。

測定事例

クリックするとEA1200VXでの分析事例をご覧いただけます。

アプリケーションデータ

蛍光X線分析の分析事例を紹介します。ID登録されていない方は新規登録が必要です。

原理解説

蛍光X線分析の原理と応用例をご紹介しております。

蛍光X線分析装置6つの特長

環境指令への対応をサポートする専用装置の特徴をご紹介します。

コラム

蛍光X線分析の技術をコラムにまとめています。

参考文献・発表リスト

蛍光X線分析についての参考文献・発表をまとめています。

環境規制

環境規制と日立ハイテクサイエンスの製品・サービス

標準物質試験所

ISO/IEC17025認定試験所のご紹介です。

保守・サービス

装置の保守・サービス会社のご案内です。