ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクサイエンス

HG-400/450シリーズは、新設計の光学系と測定流路の最適化により、高感度な測定と4種類の検液量への対応を可能にした水銀測定装置です。また、搭載の検量線作成、ファイル作成、および再計算機能を、さらに拡張・充実して、より使いやすさを追求しました。 本シリーズは、大型のカラータッチパネルを備えたメインコントロールユニットで構成するHG-400シリーズと、専用のソフトウェアによるパソコンを構成したHG-450シリーズを基本に、豊富なバリエーションをラインアップしています。
左写真:HG-400-5D構成例

価格:
HG-400 ¥1,430,000~
HG-450 ¥1,530,000~

取扱会社:株式会社 日立ハイテクサイエンス

特長

1. 高感度を実現

検出下限値0.5pptの高感度化(検液量5mLタイプ)、光学系と測定流路系の改良により、環境基準値0.5ppbの1/1000の高感度を実現しました*1

*1:
一定の環境条件が必要です

2. 1台で4役

バブラーと反応容器および流路関連の設定を変えることにより、4種類の検液量(5mL、20mL、100mL、250mL)に対応できます*2

*2:
オプションの反応ユニット、自動サイクラの場合は、テーブルが必要となります

3. 2タイプをラインアップ

7.5インチカラー液晶タッチパネルを搭載したメインコントロールユニットタイプ(HG-400シリーズ)とパソコンタイプ(HG-450シリーズ)の2シリーズから、ご要望に合わせてセレクトできます

4. 設置性に優れた省スペースサイズ

水銀測定システムの小型化、および組み合わせにより、従来のサイクラ構成システムの約1/2(当社比)の省スペース化を可能にしました。しかも感熱紙タイプのプリンタ内蔵です(HG-400シリーズ)

5. 優れたデータハンドリング

  • USBフラッシュメモリーへのデータ保存が可能です
  • 偏光ゼーマン原子吸光光度計Z-2010シリーズへのデータ転送により、データの一括管理が可能です*3
*3:
Z-2010シリーズにおけるオプションのソフトウェア、および通信ケーブルが別途必要となります

仕様

分析ユニット HS-400
項目内容
測定方式 還元気化原子吸光法(開放送気方式)
検液量 5mL、20mL、100mL、250mL
測定範囲 検液量 5mL:0~500ng/5mL(0~100ppb)
検液量 20mL:0~1000ng/20mL(0~50ppb)
検液量 100mL:0~1000ng/100mL(0~10ppb)
検液量 250mL:0~1500ng/250mL(0~6ppb)
検出下限値 検液量 5mL:0.5ppt
検液量 20mL、100mL、250mL:5ppt
定量下限値 50ppt
反応容器 専用容器
除湿方式 電子冷却方式
水銀回収方法 専用活性炭による
光源 低圧水銀ランプ
測定モード ピーク法/積分法(選択設定による)
大きさ・重さ 220(W)×400(D)×220(H)(mm)、約12kg
メインコントロールユニット MC-1HG(HG-400シリーズ用)
項目内容
表示・タッチパネル 7.5インチカラー液晶
内蔵プリンタ 感熱紙タイプ、チャート幅58mm
大きさ・重さ 220(W)×400(D)×150(H)(mm)、約4kg
パソコンユニット PC-450(HG-450シリーズ用)
項目内容
パソコン デスクトップ型パソコン(OS:Windows®)
ディスプレイ 17インチカラー液晶表示
プリンタ A4サイズ用紙用 カラーインクジェットプリンタ

 

用途別

  • 浄水場、下水処理場
  • 受託分析会社
  • 食品、電気電子などの企業
  • 大学、官公庁など
*:
平沼製品は、据付費が必要となる機種もあります。詳細は、別途お問い合わせください。

特別付属品(オプション)

項目内容
ドットインパクトプリンタ PR-302B チャート幅58mm(信号ケーブル付属)
自動サイクラC-430-5 検液量 5mL、30検体
自動サイクラC-460-5 検液量 5mL、60検体
自動サイクラC-430-20 検液量 20mL、30検体
自動サイクラC-410-100 検液量 100mL、10検体
自動サイクラC-410-250 検液量 250mL、10検体

 

保守・サービス

装置の保守・サービス会社のご案内です。